若林正恭(オードリー)、日向坂46の“ひいきネタ”に怒りの声 対応策は春日俊彰の嫁・クミさん?

おたぽる / 2019年11月15日 8時0分

写真

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、2日深夜に放送されたラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、自身のInstagramに人気アイドルグループ・日向坂46のファンから怒りのメッセージが届いたことを告白。共演番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)での“ひいきネタ”が原因とのことだが、リスナーからは、「もうあのくだりが見られなくなるのでは?」と懸念する声が上がった。

「若林は、前身番組『ひらがな推し』時代から、小坂菜緒と高本彩花を露骨にひいきし、それを見たメンバーが憤る、というのがパターン化しています。ところが、高校生のヤンキー風の日向坂46ファンから若林あてに、『お前、ひいきしてる時、他のメンバーの顔、見たことあるのか? 俺の地元で見たらぶっとばす』とのメッセージが寄せられたとのこと。これは、日向坂46メンバーのバラエティー能力が高いゆえに、見る人にとっては本気で怒ってるように受け取られてしまうのかもしれませんが、『このクレームによって、鉄板ネタが封印されてしまうのでは?』と危惧するファンもいるようです」(芸能関係者)

 この対応策として若林は、相方の春日俊彰にInstagramを開設することを提案。春日の新妻・クミさんを真ん中に両サイドから2人で頬にキスをする写真をアップし、小坂と高本に対するひいきは番組の演出にすぎないことをアピールするよう要望した。

「その写真に『僕と若林君は一途にクミさんを愛してるから、ご安心ください』とのコメントを添えるよう冗談交じりに訴えた若林。しかし翌日の深夜に放送された『日向坂で会いましょう』では、実際にクミさんが登場。日向坂46のライブ取材でのスペシャルゲストとして、画面上ではモザイクつきながら姿を見せたのですが、若林は肩に手をまわし、『挨拶しろ! クミ』と、まるで夫のような振る舞いを見せたため、ネット上では、『早速、クレーム対策?』と臆測の声が広まったようです」(同)

 ちなみに春日は、番組内で丹生明里をひいきしているが、こちらに対するクレーム対策、あるいはクミさんの監視という意味合いもあったのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング