齋藤飛鳥(乃木坂46)、“秋元真夏の押しの強さ”に陥落? 星野みなみのレアショット撮影に称賛の声も

おたぽる / 2019年11月25日 8時0分

写真

 人気アイドルグループ・乃木坂46の1期生で“あしゅ”こと齋藤飛鳥が、同期の“まなったん”こと秋元真夏と撮影したツーショットを、15日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)のオフショット連載『乃木撮』に提供。珍しくべったりとカラダを寄せ合う姿に、「まなったんの押しの強さに、あしゅも遂に陥落?」と、ファンの注目が集まった。

「目をつぶり抱き着く秋元に対し、嫌そうな表情をしながらも齋藤が自撮りし、『♯ツンデレ』というコピー付きで掲載された今回のショット。これまでは秋元がカメラマンとなり、齋藤のキュートな魅力を引き出そうするも失敗を重ね、“ツン”の部分ばかりが目立っていただけに、ネット上では、『やっぱり押しの強さって大事なんだな』と感心の声が飛び交いました。また、この写真に対して齋藤は、『甘えたり、わがままを言ったり、人にやさしく寄り添うときも、嫌味がないのが真夏のいいところ』と、コメントでは“デレ”を発揮したため、『あしゅにここまで大事にされるなんて羨ましい』と、齋藤ファンによる嫉妬の声も目立ちましたね」(芸能関係者)

 メンバーが楽屋で撮影した写真をコメント付きで紹介する同連載。齋藤はこれまで、被写体として登場することは多かったものの、撮影に回ることは少なく、そういった意味でも今回の写真は貴重なものとなった。また、その他にも同期のレアな姿を激写したため、「カメラマンに向いているのでは?」と称賛の声が送られた。

「齋藤は、いちごスムージーを飲みながら頬っぺたに人差し指を押し当て、カメラを上目遣いに見つめる、『全力のアイドルポーズ』を決めた生田絵梨花の写真を紹介。さらに、2期生の寺田蘭世のうしろで見切れてはいるものの、まだメイク完成前の星野みなみが、『「私も写ってあげる!」って言ってくれた(笑)』とのことで、星野ファンにとってはたまらないお宝ショットも提供しました。『苦楽を共にしてきた同期のあしゅだからこそ撮れた』と評判で、今後も頻繁に撮影を担当するよう要望する声が寄せられたようです」(同)

 アイスを手に笑顔の中田花奈を捉えたショットには、「問題を指摘するときに、いつもより早口になる花奈ちゃんが好き」とのコメントを添えたが、長い付き合いだからこそ気づくメンバーの魅力を紹介できる点も齋藤カメラマンの強み。今後の活躍に期待したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング