久保史緒里、“溢れる乃木坂46愛”にファン爆笑 遠藤さくら&賀喜遥香との“高3トリオ”活躍に期待も

おたぽる / 2020年1月15日 9時0分

写真

 2日、人気アイドルグループ・乃木坂46の3期生の久保史緒里が、4期生の遠藤さくらと賀喜遥香に対し、メンバーの魅力を力説する動画が、オフショット写真集『乃木撮VOL.02』(講談社)の公式Twitter上にアップ。鼻息荒く早口でまくし立てる久保の姿が、ファンの爆笑を誘った。

「メンバーの楽屋での様子を収めた同作品を手にした久保は、目を見開き、興奮状態でおススメのページについて説明。自身の写真に『かわいいよ~』と囃された遠藤は、やや困惑したようにも見えますが、その溢れるグループ愛にファンはほっこりしたようです。久保は2016年9月に加入する以前から乃木坂46を愛し、オタクであると公言。冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、MVの魅力をマニアックな目線で伝え、メンバーを驚かせたこともありますが、自身がメンバーとなり活動するようになってからも変わらぬ愛情ぶりに、強い親近感と信頼を寄せるファンが見られました」(芸能関係者)

 また、この3人が同い年で同学年(高3)であることから、この投稿には「#高3トリオ」のハッシュタグが付けられた。「公式ユニット化決定?」「次のシングルにユニット曲が収録されるかな?」などと、期待の声を寄せるファンも少なくない。

「写真集のPRのため、12月20日に3人で『SHIBUYA TSUTAYA』を訪れて以降、『#高3トリオ』のハッシュタグが付けられるようになりました。その時の動画では、遠藤から順番に3本指を突き立てながら『高3です』と言い、最後に『3人合わせて高3トリオです』と合わせる決めポーズを披露。乃木坂46では以前、生田絵梨花、OGの斎藤ちはる、中元日芽香の同い年3人が、1期生としてデビュー時に中学3年生だったことから、“中3組”と呼ばれていた時期がありましたが、公式ユニット化はされませんでした。しかし、その1期生たちが次々と卒業していることもあって、『次世代を担う3人をプッシュするためにも公式化を!』と要望する声が目立ちますね」(同)

 3人のPR効果もあり、『乃木撮』の累計発行部数は24万部を突破。グループの勢いをさらに加速させるためにも、高3トリオの活躍を期待したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング