遠藤さくら、“美少女30面相”ショットに絶賛の声 白石麻衣の卒業で“齋藤飛鳥とWエース”時代到来?

おたぽる / 2020年2月4日 8時0分

写真

 人気アイドルグループ・乃木坂46の4期生の遠藤さくらが、1月23日発売の女性ファッション誌「ViVi」(講談社)へ登場。耳のついたフードをかぶり、全身ピンク色にコーディネートしたウサギ風の姿など、キュートな魅力全開でファンの目を釘付けにした。

「昨年9月にリリースされた24thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』(N46Div.)でセンターに抜擢されて以降、各ファッション誌を飾り人気急上昇中の遠藤。同誌に登場するのは今回が初とのことですが、“美少女30面相”と題し、パーカーやTシャツなどラフな格好をして室内で撮影された30カットが掲載されました。『可愛すぎるしスタイル良すぎだし、モデルのポージングもうますぎだし!』と、大絶賛のコピーが躍っていますが、『もういっそのこと専属モデルに抜擢してほしい』『毎月、さくらちゃんのキュートな姿が見たい』などと要望するファンも目立ちます」(芸能関係者)

 同誌のインタビューでは、仲の良い先輩として1期生の“あしゅ”こと齋藤飛鳥の名前を挙げた遠藤だが、3月にリリースされるシングルのPR活動をもって白石麻衣が卒業を発表したため、ファンの間では、「あしゅとのWエース時代到来?」と期待する声も飛び交っている。

「初めての先輩との撮影仕事の相手が齋藤で、その時から“あすぴー”“えんぴー”と呼び合うようになり、一気に距離が縮まったという遠藤。昨夏に開催された全国ツアーでは、齋藤とスペシャルユニットを組む機会があったのですが、2人とも小顔でスタイル抜群。ファンからは、『乃木坂46史上、最高のシンメトリー』と絶賛されました。卒業を発表した白石は、昨年2月に卒業した西野七瀬とWセンターを2度組むなど、2大エースとしてグループを牽引してきましたが、それに替わる新たな顔として、遠藤と齋藤への注目度は増すばかりのようです」(同)

 先月28日に発売されたアイドル誌「月刊エンタメ」(徳間書店)では、キャプテンの秋元真夏から昨年のMVPに推された遠藤だが、今年はそれ以上の活躍ができるか。グループだけでなくソロ活動での躍進にも期待したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング