「エロ」「ソシャゲ」「作画」がキーワード!? 今期深夜アニメから読み解くアニメ界のトレンド

おたぽる / 2014年1月30日 20時0分

写真

「おたぽる」新春特別企画『新作深夜アニメ怒涛の第1話全レビュー!!』から約二週間――。1月も末となり、読者のみなさんも今期のアニメでお気に入りが定まってきた頃合いのはず。今回は前回のレビューを踏まえ、その後、筆者の気付いたいくつかのポイントを軸に追加レポートします!

■やっぱりムフフに期待したい! 今期注目のセクシーアニメは?

 深夜アニメといえば、やはりちょっとエッチな要素を期待してしまうのは人間の性。新作アニメで美少女が登場する作品は数あれど、男の子だったら、学園コメディ物の『中二病でも恋がしたい!戀 』『のうりん』『ディーふらぐ!』『ウィッチクラフトワークス』『生徒会役員共*』、正統派ラブコメ物の『いなり、こんこん、恋いろは。』『ニセコイ』『未確認で進行形』......といった健全な作品群とは一線を画す、煩悩直撃アグレッシブな作品に出会いたいもの。

 そうした希望に応えられるのは、以前の記事で紹介したように『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』『桜Trick』『GO!GO!575』『マケン姫っ!通』の4作品。原作がニトロプラスのマスコットキャラということで下馬評の高かった『そにアニ』は、その後もホノボノ日常系アニメ路線を貫いており、惜しくも下落扱いとなりました。さて4作品のその後の展開について、追加解説をしてみたいと思います。

 一番過激な描写でぐぐっと期待値をあげていた『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』ですが、ついにBPOの青少年委員会で審議入りとなる事態に。『「22時台の中高生が視聴してもおかしくない時間帯で、女子高生が自慰行為をするなどの性表現のあるアニメが放送されている」などの視聴者意見が多数あった』との理由。

 文面だけ見ると視聴者的には大変結構なサービス番組に思えてしまいますが、これを受けて第5話からTOKYO MX及びサンテレビの放送時間と曜日が深夜帯へ変更に。MXは毎週火曜25時30分から、サンテレビは毎週土曜日26時からとなります(BS11は放送時間の変更はなし)。これによって関東地方では日本テレビの『HUNTER×HUNTER』、テレビ東京の『うーさーのその日暮らし 覚醒編』『ハマトラ』の裏番組となり、一気に火曜深夜がアニメ激戦区に。まぁ内容的に視聴者は被っていない気もしますが......。

 さて本編のお話。最新の4話ではもちろんエロ描写もありますが、兄妹の心の交錯を描いた意外とシリアスな展開で物語に引き込ませませ、なかなかの好印象。これは意外と純愛物へ化けるかも知れません。次回5話は水着回なのでここから視聴をスタートしてもいいかもですね。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング