口が臭いのは、舌についてる白いものが原因か?

オトコクラス / 2016年2月3日 16時0分

写真

口臭があると、自分にとっても他人にとっても気になるものです。口臭の原因は様々ですが、舌に白っぽいものがついていて、これが臭っているのでは?と感じる人も。口臭の原因は何なのか、また効果的な改善策はあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「口臭が気になるが、舌磨きなどしても改善しない」

『高校生の頃、友人の口臭が気になったのがきっかけで、自分の口臭も気になるようになりました。口が臭いと直接いわれた経験はないのですが、自然と気になってしまいます。しかし口臭の原因などがわからず、舌磨きなどを行ってはいますが、改善はみられません。舌についている白いものも気になり、これが口臭の原因ではないかと思っていますが、どうすればよいのかわかりません。簡単に口臭を改善できる方法があれば、教えてください。(20代・男性)』

歯槽膿漏や虫歯、内臓の不調なども

口臭の原因は実に様々で、歯槽膿漏や虫歯のせいで口腔内の細菌が増えていたり、胃腸など内臓の調子が悪い場合も口臭が発生することがあります。

『口臭の原因は、口腔内の清掃不良や虫歯や歯周病、唾液の不足、内臓の不調など様々です。歯科医院で虫歯や歯周病の有無を検査し、必要でしたら治療と清掃指導を受けるのが近道です。(歯科衛生士)』

『よくある口臭の原因は歯槽膿漏で、歯槽膿漏の原因の一つに磨き残しがあります。歯磨きをきちんとしているつもりでも、磨けていない部位も意外とあります。しかも歯磨きの手技は毎日同じですので、磨けていない部位は歯垢・雑菌がたまる一方です。そうなると、歯茎が炎症を起こしたり歯槽膿漏になるのは避けられません。手っ取り早いケアをしても磨き残しがあっては意味がありませんので、まずは歯科で歯磨きなどのチェックをしてもらいましょう。(看護師)』

歯磨き、舌磨きのしすぎに注意!

歯磨きや舌磨きのしすぎは、逆に口臭を発生させてしまう原因になると、歯科衛生士さんや看護師さんは説明しています。また、気にしすぎるあまりに自分の口臭が強く感じてしまう「自臭症」というのもあるようです。

『舌の白いものは舌苔といい、これが分厚くなるとたしかに口臭の原因になります。しかし、白い薄い膜が張っている程度なら問題ないですし、無理に除去しようとすると繊細な舌の表面を傷つけ、口臭の悪化や味覚へ影響を及ぼすこともあるため、要注意です。必ず舌クリーナーなどの専用用具を使用し、やりすぎは避けましょう。(歯科衛生士)』

『意外ですが、舌磨きや歯磨きのやりすぎも口臭の原因になります。歯磨き後のうがいや液体歯磨きの使いすぎで口腔内の唾液のほとんどを失ってしまうと、口腔内の雑菌が増えるスピードが速くなってしまいます。これは舌磨きも同じです。もし、歯磨きや舌磨きを入念にしすぎている場合は、改善する必要があるかもしれません。(看護師)』

『それほどの口臭ではないのに、自分で自分が臭ってしまうのは「自臭症」といって、メンタル面に問題があるケースも。親しい人に頼むか、歯科医院で口臭チェッカーなどの機械で測ってもらうなど、一度、客観的な判定を求めてみてはいかがでしょうか。(歯科衛生士)』

口臭が気になるからといって、過度な歯磨きや舌磨きは症状をさらに悪化させてしまうこともあります。自分で思うほど臭っていない場合もありますし、一度、歯科を受診して口腔内の検査をしてもらうとよいかもしれません。

オトコクラス

トピックスRSS

ランキング