わきがは手術するべきか?それとも他に対策法はあるのか?

オトコクラス / 2014年10月13日 19時57分

写真

洗っても洗っても消えない臭い“わきが”。清潔を心がけているにも関わらず、なかなか改善されず、悩む人は少なくないようです。今回は長年わきが対策を講じてきて、すっかり疲れ果ててしまったと悩む方からの質問です。手術しか改善方法はないのでしょうか?

30代男性からの相談:「気をつけていても改善されないわきがについて」

『これまでずっと自分の体臭に神経を尖らせてきましたが、今年になって疲れてしまっている自分がいます。他人の何倍も清潔を心がけても出てくる不快な臭いには嫌気が差します。わきがは手術するべきなのでしょうか?食事などの体質改善や制汗剤の使用で相手に不快な思いをさせずに済むことは可能でしょうか?現在スプレーを多用していますが、あまり効果はないようです。』

手術せずにすむ方法は多数あり。ボトックス注射や、高脂肪食を控えるのもおすすめ。

自分の臭いと向き合い続けることに疲れてしまう人は少なくないようですが、手術せずにすむ方法はある、という心強い声があがりました。制汗剤は直接塗るロールオンやスティックタイプの方が効果が高いのだとか。また、食事に気をつけることもおすすめです。

『腋臭症(わきが)の方は本当にご苦労されてますね。私が形成外科病棟に勤めていた時には、この手術の方がたくさんいらっしゃいました。みなさん、同じことを言われてました。「自分の臭いをいつも監視しなきゃいけないのが疲れる」と。
手術しないでよい効果的な方法もありますので、以下のことを実践してみて下さい。
1.わき毛を剃る:毛があると細菌が繁殖し、臭いの原因になります。
2.アルコールで脇を消毒:細菌の繁殖を防ぐためです。
3.制汗剤:もう実践済みよね。
4.わきにボトックス注射:汗が出るのを抑えられます。3〜4か月おきに注射が必要です。(看護師)』

『一つのご提案として、制汗剤はスプレータイプよりも直接塗布できるロールオンやスティックタイプの方が効果が高いので、試してみてはいかがでしょうか?それから、食事内容は高脂肪食を控えることをお勧めします。(看護師)』

わきがには個人差があるため、まずは医師に相談を。場合によっては日帰り手術も。

一口にわきがといっても個人によってはその程度は千差万別。手術が必要かどうかの判断はやはり医師に相談するのがおすすめです。もし手術が必要な場合でも保険適用範囲内で受けられたり、日帰り手術が可能な場合もあるようです。

『今年になってということですね。何かきっかけになることがあったのでしょうか?わきがの程度は個人差が大きく、すぐ近くに寄って何となく臭う程度から部屋に入ってきた瞬間に臭いが感じられる程度など、さまざまです。本人が自覚しているほどには周囲は気にならないこともあれば、その反対の場合もあります。質問内容からはどの程度なのかがわからないので、手術が必要かどうかの判断は難しいです。わきがの相談ができるクリニックなどを受診してもよいかもしれませんね。(看護師)』

『手術はできるだけ避けたいという気持ちはわかります。しかし、もし手術をしようと思う時には、保険適用で5万円程度(参考価格)でできる病院もあります。アポクリン腺を切除したり破壊したりするもので、日帰りでできるところもあります。ご参考にして頂ければ幸いです。(看護師)』

体臭に気をつけていても改善されない状態が長年続くと、疲れ果ててしまいますが、手術の前にやれることはいろいろとありそうです。直接的な対処だけでなく、食事を見直すなど、生活習慣を見直してみるのもよさそうですね。わきがの程度は個人差があるため、手術が必要かどうかは、まず医師に相談してみましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

オトコクラス

トピックスRSS

ランキング