亜鉛で精力はつくのか?

オトコクラス / 2014年12月26日 8時0分

写真

すっぽん、マムシ、マカ、亜鉛など、古来より精力がつくと言われるものはいろいろありますが、本当のところはどうなのでしょう。単に栄養があるというだけではなさそうです。精力アップのメカニズムは一体どのようになっているのでしょうか?

30代男性からの相談:「精力アップについて」

『亜鉛が精力アップに効果的だと聞きました。すっぽんやマムシやマカなども精力剤の内容によく書かれています。本当でしょうか?また、どういった理由で精力がアップするのか詳しく知りたいです。』

それぞれに納得の理由あり。効き目には個人差も。

精力がつくと言われるのにはそれなりの理由があるようです。もっとも効果には個人差があるとの声もありました。

『すっぽんやマカには亜鉛、リン、鉄分が含まれており、疲労を回復させ、滋養強壮になるといわれています。マムシも同じような効能があり、昔から中国で漢方薬として使われていました。滋養強壮、体力回復で、その結果、精力にも効果的といわれますが、効き目には個人差があるようです。(看護師)』

『サプリなどはすぐに効果はでないでしょうし、すっぽんなどより高カロリー、高タンパク質のもの、亜鉛を含む牡蠣やレバーを食べた方が効果があるという人もいます。ただ、身体が元気になるという意味では効果はあります。(看護師)』

『亜鉛はテストステロンなど男性ホルモンを生成する働きや、精子を生成する働きがあります。精子はタンパク質で生成されます。すっぽんにも豊富にタンパク質が含まれているので精子の生成を促す作用があります。(看護師)』

『マムシには血行を促進させる作用があるため、血流が改善されることで勃起力を向上させます。また、約20種のアミノ酸が含まれており、疲れ、冷え性、動脈硬化の改善にも効果があります。(看護師)』

『マカにはアルカロイド、デキストリンという血行不良を改善する効果があります。勃起不全の原因には海綿体への血行不良が多く挙げられるのでそちらに対しても改善効果が期待できます。(看護師)』

『それぞれに効果がありますが、どれも天然成分・自然のものなので、現代のストレス社会、疲労にも効果は高いです。(看護師)』

天然由来のものは精力アップだけでなく、現代社会を生き抜く生気も養ってくれるようですね。一口に精力増強といっても働きかける方向はさまざま。どうしたいかを明らかにした上で、目的に合ったものを選ぶのがよさそうです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

オトコクラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング