血圧を下げるにはどんな方法があるのか?

オトコクラス / 2015年1月5日 13時0分

写真

高血圧の原因にはよく塩分が挙げられるため、減塩などは高血圧対策としてよく言われています。では、他に血圧を下げるにはどんな方法があるのでしょうか。今回は高血圧で薬に頼らず血圧を下げる方法を検討している方からの相談です。

50代男性からの相談:「血圧を下げる方法でなにか良いものはありますか?」

『高血圧と診断され、血圧降下薬を処方されました。ですが、母親がずっと常用していて、薬が原因化どうかわかりませんが時に気分が悪くなったりしていたため、あまり続けては飲みたくない、というのが本音です。薬に頼らずに、血圧を下げる方法は無いでしょうか。食事などはバランスのよい食事をするように気をつけていて、食事を変えてから幾分かましになった気もしています。ただ、血圧を下げる方法に、これといった決め手がまだ見つかっていません。あれば教えてください。』

高血圧の要因は、ストレス、食事、運動にあり

高血圧の原因は大きくは、ストレス、食事、運動不足があります。食事で塩分を抑える対策がよく言われていますが、その他にも摂取しておきたい食材があったり、運動をしたり睡眠をしっかりと取ることも重要です。

①ストレス

『血圧は心の変化にも関与します。ストレスの少ない生活を心がけると共に十分に睡眠をとることです。“心身の安定”これも大事なポイントです。(看護師)』

『血圧を上げないようにするには、ストレスをためないこと、イライラしたり、怒ったりしないなど、精神的安定を図り、気分転換をしてストレスをためないようにしてください。(看護師)』

②食事

『もちろん食事は塩分控えめですから、レトルト食品やお惣菜、外食は避けるようにしてください。(看護師)』

『毎日食べるお味噌汁についても、塩分摂取がかなり高まります。お味噌汁を好む場合は減塩とする上、さらに野菜を多く入れると野菜の水分で塩分が薄くなります。スープ類は要注意です。(看護師)』

③運動

『一日30分程度の散歩や体操など有酸素運動もするといいでしょう。すぐには効果がでないと思います。続けて行ってください。(看護師)』

『食事改善等を実行してもあまり血圧に変化のない場合は、毎日ウォーキングを取り入れましょう。出勤時徒歩を多めにする、帰宅時は徒歩にするもしくは帰宅してからウォーキングをするなど、まずはご自身の生活リズムに取り入れやすい時間帯をお選びになり継続した運動をしましょう。(看護師)』

血圧を下げるには、水分とカリウムの摂取が効果的

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
オトコクラス

トピックスRSS

ランキング