乾燥肌には?髪には?「無印良品のオイル」使い分け方法徹底解説!

OTONA SALONE / 2019年2月25日 20時0分

寒い日もあれば暖かい日もあり、肌がゆらぐこの時期。乾燥肌や敏感肌にはまたつらい季節がやってきました。

ここで無印良品の店頭にズラリと並んでいる美容用オイルが気になりませんか?

ここしばらくネットでよく評判を聞く無印良品のオイルですが、その歴史は意外に長く、1990年代後半には販売が始まっています。

現在は「ピュアオイル」「オイルミスト」「マッサージオイル」の3つのタイプがあり、香料や着色料を加えていない天然オイルである「ピュアオイル」にはホホバ、アルガンなど6つの種類があります。

でも、店頭でサンプルをちょっと手の甲につけてみても、化粧水やクリームほどには違いがわからず、正直どれにすればいいのか選べない!

そこで、今回は「ピュアオイル」の6種類のオイルをどう選んで使いこなすか、コツを教えてもらいました。

 

■6つのオイルはそれぞれちょっとずつ使途が違う

お話を聞かせてくれたのは、良品計画 生活雑貨部 中野倫弥さん。H&Bのご担当です。

出典・無印良品公式サイト クリックで拡大

__サイトにも掲載されているこの一覧は、左ほど使い心地が軽く、右ほど重たい質感です。店頭に掲示していることがあるので、ぜひ参考にしてください。

 

左から、オリーブスクワラン、ホホバ、ローズヒップ、アルガン、スウィートアーモンド、オリーブの順。

 

このうち、個人のお好み次第ではあるのですが、最初の1本として試すなら、何にでも使える人気者がホホバです。

 

売れ行きもダントツでホホバ。数年前、ネットのコスメサイトで人気1位になり、より浸透しました。今も年々売り上げが上がっています。その次の人気がスウィートアーモンドです。

 

■6つのオイルの特徴と、おすすめポイントは?

ホホバオイル 50ml 890円/以下すべて無印良品、税込価格。このほか100ml 1,590円、200ml 2,490円

ホホバオイルには、ゴールデンホホバという黄色いオイルもありますが、無印良品のオイルは化粧品用に精製しているので透明です。香りのクセを減らし、より化粧品として使いやすく仕上げてあります。

 

上の表にも書かれていますが、6種類の中で比較的軽い質感のホホバは、顔でも髪でも体でも、全身どこにでもおススメ。肌なじみがよいので、髪よりは顔、ボディに使っている人のほうが多いイメージです。

オリーブスクワランオイル 50ml 990円、100ml 1,790円、200ml 2,790円

 

軽いオイル代表のもう1つ、オリーブスクワランオイルも、肌なじみのよさが人気。スクワランは昔から根強いファンのいるオイルで、さらっとしています。

スウィートアーモンドオイル 50ml 690円、100ml 1,190円、200ml 1,890円

もうちょっとしっとりさせたい人にはスウィートアーモンドオイルがいいでしょう。伸びがいいので全身に使いやすく、少ししっとりした重めの使用感です。

ローズヒップオイル 50ml 1,490円

ローズヒップオイルは重めのテクスチャーなので、広い面積に伸ばして使うよりは、目じりやほうれい線などのポイント使いがおススメです。

アルガンオイル 30ml 1,790円、100ml 4,190円

アルガンオイルはヘアに使う人が多いオイルです。重ためのオイルなので、乾いた髪に使うよりは、濡れた状態のタオルドライした髪に使っていただくのがいいと思います。

オリーブオイル 50ml 490円、100ml 890円、200ml 1490円

オリーブオイルはいちばん重たいので、ひじや角質など乾燥が特に気になる場所に使っていただくのがおススメです。

 

とはいえ、どれも使途を決めているわけではなく、お好みで好きな使い方をしていただけます。なお、アルガンとローズヒップは白い容器に入っていますが、高価格帯だからというわけではなく、遮光して品質を保つためです。

 

■私はまず、どれを買えばいいですか?悩み別おススメは

はじめてオイルを使うという方は、まずさらっとして使いやすいホホバを手にとってみてはどうでしょう。ボディ、顔、髪と、マルチに使える1本がほしい人もホホバがいいと思います。

使ってみて、もうちょっと軽いのがいいなと思ったらオリーブスクワラン。

逆に、もの足りないなと思ったり、もうちょっと保湿がほしいな、全身に使いたいなと思ったらスウィートアーモンド。

季節によって使い分けるのもオススメです。ホホバは1年中愛用されていますが、夏場は気になるところにだけ少なめに使うという声もあります。

ヘアケアがメインの場合は、やはりアルガンを手に取る方が多いです。傷んだ毛髪の油分補給に定評があります。重ためながら、髪なじみもよいので、お風呂上りの濡れた髪をタオルドライしてから傷んだ毛先を中心に伸ばして、それからドライヤーをかけてください。

目じりのシワ、眉間の乾燥、ほうれい線など、ピンポイントのエイジングケア、年齢に応じたケアならローズヒップです。美容オイルとしてはメジャーではと思いますが、無印のオイルはプライスもリーズナブルなので続けられるとご好評です。

いずれのオイルも価格はリーズナブルですが、中身の素材には徹底的にこだわっています。工程の見直しやパッケージの簡略化などでこのお値段を実現しています。

 

■この使い方にオススメのオイルは?

続いて、「こういう使い方をしたい」という質問別にお勧めを聞きました。

1・スチームパックをしてみたいです

ホホバをどうぞ。サイトにも説明がありますが、クレンジング・洗顔後、オイルをなじませお風呂に入れば、蒸気でしっとり柔らかになります。蒸しタオルで覆うとより効果的です。

2・頭皮クレンジングをしてみたいです

これもホホバで。シャンプーの前、乾いた髪と地肌にオイルをなじませます。頭皮のマッサージで皮脂汚れを浮き上がらせて落とします。

3・メイクのクレンジングに向くのは?

ピュアオイルはクレンジング用のオイルではないため、無印良品から専用のオイルクレンジングが出ているので、ぜひそちらをご使用ください。ちなみに、無印のスタッフの中ではマイルドジェルクレンジングも人気。しっかり落とせるのにつっぱらないと評判ですので、あわせてどうぞ。

マイルドジェルクレンジング 120g 590円 他に200g 750円、30g 290円も

4・化粧水前の導入に使いたいけれど、どれいい?

無印良品ではオイルはスキンケアの最後に使うことをお勧めしているので、ぜひ導入化粧液をご利用ください。一時は売り切れが続出し、現在も変わらぬリピート人気が続いている人気のアイテムです。

導入化粧液 200ml 1,290円 他に400ml 2990円、50ml 390円も。

5・朝のスタイリングにもオイルを使いたい

アルガンはヘアケアに人気ですが、乾いた髪の仕上げにまんべんなく塗るのは意外に難しく、ぺたっと重たくつぶれがち。朝、シャワーの後にドライヤーを使うなら、ドライヤー前に傷んだ毛先を中心に少量オンして、最後に残りを後れ毛押さえに使ってみてください。

 

6・ボディクリームの代わりに全身を保湿したいです

お風呂上りの全身にオンするなら、身体にうるおいが残る間に手早く塗布できるよう、伸びのよさを重視。まずはホホバをどうぞ。物足りなければスウィートアーモンドがお勧めです。200mlのポンプタイプならワンプッシュでひざ下分くらいのオイルが出て便利です。

 

7・かかと、ひじ、爪などピンポイントで使うなら?

かかと、ひじなど、塗りたい部分が狭い場合は、重たくて肌に残るオリーブ。爪の場合はお好みによりけりですが、たとえば甘皮のケアなど、ピンポイントに乗せて重く残るのがいいならオリーブ。肌に長く残るのが気になる場合や、爪から指先全体にさっと伸ばしたいならオリーブスクワランがお勧めです。ハンド、リップなどに使いたい場合は、無印良品からは専用品が発売されててどれも人気ですのでお勧めです。

 

8・エッセンシャルオイルで香りをつけたいのですが

無印良品のエッセンシャルオイルは化粧品ではなくお部屋の芳香用途なので、お肌に使う場合は同じシリーズのマッサージオイルをお勧めします。肌へのなじみを重視して、よりマッサージしやすいよう6種類の植物オイルをブレンド。香りもエッセンシャルオイル100%の4種類を揃えました。一番人気はフローラル、次がシトラスです。

マッサージオイル シトラス、フローラル、グリーン、ハーバルの4種類 各150ml 1,990円

9・外でも使いたいが、携帯しやすいのは?

出先での使用にご好評なのはオイルミストです。5種類の植物オイルを配合し、軽い使用感なので、髪・顔・全身に使えます。

オイルミスト シトラス、フローラル、グリーン、ハーバルの4種類 各45ml 1,290円

無印良品のオイルは50ml、100ml、200mlの3サイズ(アルガンのみ30ml)がありますが、まず試してみたい場合は小さい50mlから始め、気に入ったらポンプのついた200mlがいいと思います。

開封後は直射日光の当たらない場所に置き、3ヶ月以内を目安になるべく早く使い切ってください。

 

__以上、良品計画 中野さんに聞かせていただいたお話でした。

■2本買うなら、ホホバと、スウィートアーモンドかな?

 

私個人は、先の秋からスウィートアーモンドを200mlボトルで愛用しています。今回他の3つの透明ボトル入りオイルも試しましたが、ホホバとアーモンドがあれば全身どの用途もOKという印象です。

 

50mlタイプも買ってみて実感しましたが、無印良品はこの200mlのポンプがとてもいい。力を入れずに適量出てくれるので、お風呂上りに手の甲やお腹にピンポイントで塗りたい場合にも、出すぎず少なすぎずちょうどいい量が出てくるのです。

 

オイルは「伸ばし終わるまで他のことができない」という特性があるので、適量がワンプッシュで出るというのは意外に大事なことだと感じています!

 

無印良品 ピュアオイル・マッサージオイル

 

 

≪OTONA SALONE編集部 井一美穂さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング