植松晃士 大人の春メイク「トレンドより大事なこと」って? 40代が必要な春コスメ3選

OTONA SALONE / 2019年3月26日 21時0分

みなさん、こんにちは。植松晃士です。
三寒四温で春が近づいてますね。今回のビューティー編では、「大人の春メイク」をテーマにお届けしたいと思います。

 

「大人の春メイク」に必要なのは

とはいっても、若い人々と違って、大人の春メイクはトレンド服と同じじゃないかと思っているんです。一言で言うなら、リスキー。ばっちりアイラインに赤リップに太眉、グラデのアイシャドウにピンクチーク。若い世代の流行りにうっかり乗っかってしまうと、まるで仕上がりは仮面をかぶるようなもの!

 

そもそもムリよ~(苦笑)。少なくなった眉毛を必死に描き足したり、くぼんだまぶたにアイシャドウつけたら色素が入りこんじゃうし、シワっぽい目元にラインを引こうものならヨレちゃうでしょー。おまけに、マットなリップが流行っているからって、ちゃんと選ばないと歯が汚く見えることもあるし。だから、仮面はかぶらなくていいの!

 

40オーバーになったら、素肌の透明感が命です! でもね、ツヤがなくなってくるからといって、ツヤありのファンデーションに練りチークばっちりで、まるで「韓国ドラマの女優さん?」と後ろ指さされるほどテラテラになっている方々が多く見受けられましたが、粉くらいはたきなさいよー。大人世代に向けて、ツヤの出るお粉、肌がキレイに見えるお粉はいろいろ出ているから!

 

アラをカバーして自然にトーンアップ

マ プードル ベージュ 15g  5,000円+税/blanche étoile (問い合わせ)03-6427-1311 (平日 9:30~18:00)

 

個人的に愛用しているものは、blanche étoileの「マ プードル ベージュ」。お粉がさらさらとキメ細かくて、ベージュカラーだから素肌のアラをカバーしてトーンアップしてくれるんです。肌にぴたりとフィットして、つけたあとはさらさらとなめらか! 皮脂吸着効果も高いから1年中使えます!

 

メイクの上からもOK!な贅沢高保湿炭酸ミストローション

スパークロイドミスト 120g  4,000円+税/MICHIKO.LIFE (問い合わせ)0120‐050‐375(平日9:00~17:00)

もうひとつ、メイク上からシューッとスプレーすれば、適度なツヤが演出できるMICHIKO.LIFEの「スパークロイドミスト」も大活躍中。藤原美智子さんプロデュースのアイテムです。人工炭酸泉生成の特殊技術で作られた「溶解性炭酸※1水」がベース。

そこに、藤原さんが厳選した美容成分を複合して作られたオリジナル化粧品原料を配合した、贅沢な高保湿炭酸ミストローション。スキンケアはもちろん、細かいミストなのでメイクの上からも使い勝手がいい!

 

春カラーリップはマットではなく「ツヤ」を選んで!

リップスティック LE 全6色(限定品) 各3,200円+税 4月26日限定発売/イプサお客様相談室 (問い合わせ)0120-523543(平日10:00~17:00)

そうは言っても、春メイクの話も聞きたいですよね~。そこは色使いかしら。アイラインなら誰にでもできそうじゃない? 例えば、上下のラインの色を変えて遊ぶとかね。上はミッドナイトブルーで下はブラウンとか。黒のラインの変わりに、カラーラインをちょっと入れるだけでも印象が明るく、若々しくなると思います。

リップにマットな赤も流行りだからと手を出すと危ない。4~8歳は上に見えてしまいます。唇にもツヤは必要。おすすめは、イプサの別名かき氷リップ「リップスティック LE」でまずお手入れ。マーブル柄で見た目にもかわいらしい! メントール配合で、つけ心地もひんやりです。限定品だから要チェック!

 

最後に一言、言わせて。春メイクを楽しむのもいいのだけれど、その前に、見て見ぬふりをしているそのシワやシミ! 春メイクとか言っている前に、それをなんとかしなきゃじゃない?

どんなに進化していても、美白コスメやシワ対策コスメは、できたものをなかったことにはしてくれないと思うんです。どうしても透明感のある素肌を取り戻したいなら、アイテムに頼る前にクリニックにご相談するのもひとつの手、だと思ってます。クリニックの施術もどんどん進化しているから、きっと昔のイメージとは変わるはず!

新しい季節ですもの。心機一転、いろいろトライしてみては?

また次回お会いしましょう★

 

≪ファッションプロデューサー 植松晃士さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング