【味噌汁ダイエット】夜に飲むとラクに地味に効いてくる!でも、こんな盲点もあった…?

OTONA SALONE / 2019年4月13日 17時0分

人生是ダイエット。最近の私が注目しているダイエットは「腸活」の流れをくむ「味噌汁」です。

日本人の腸はコウジ菌大好き!だいたいみんな効く!と思うのですが、

約1ヶ月続けてみてわかった意外な「盲点」もあるのです。

 

【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.30

前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」アラフィフ藤井。2016/10/3の第1回では63.8㎏から、その後も思い出したように連載は続き、前回の第29回では57.5キロ。

 

ダイエットを忘れてるわけじゃない

ふと、気がついてしまいました。

 

忘れた頃にアップされる、この「ダイエット戦記」、2年以上やってるんですね。

 

それなのに、結果出てないんですけど。

2年半前に編集長アサミ様と編集のイノイチ女史に公約した

マイナス10キロ、遠いです。

 

それでも私は今日も体重計に乗ってます。

 

減ったものは肌のハリ。

増えたものは年輪。

変わらぬものは体重。

 

人生厳しいなあ!

 

正直に言いますと、ダイエット自体はやってるんですよ。

連載を開始してから、

食事バランスとほどよい運動は

とりあえず守ってるし。

 

でも変わらない。

 

力なく笑いながら、前髪かきあげて

「あーあ…時間切れかな」

とか

「やっぱり俺では駄目か うまくいかんもんだな」

とか猛吹雪の中で呟きたいくらい。

 

この季節だと花粉の嵐ですけどね。

 

めんどくさがりの私に向くのは「和食」のダイエット…?

こんな私の今を前向きに考えてみましょう。

 

自分の試したダイエットのデータはある。

たくさんある。

 

そのデータとはそれなりに結果が出たと

判断していいダイエットを

脳内検索してみると和食です。

 

現在、和食が基本の食生活で、

慌てるような体重の増え方はしていない、

というデータもあります。

 

日本人の遺伝子、強い。

 

それとアラフィフですが、

まだ遺伝的に覚悟すべき

高血圧と高脂血症も出てません。

 

この食生活に

鉄分とタンパク質の補給を心掛けておけば、

イイ結果が出た和食ダイエットが簡単にできる。

 

そこでひらめいたのは味噌汁です。

 

味噌汁は簡単に作れる。

具を変えれば飽きない。

ごはんどころかトーストにも合う。

 

そこで

 

●1日1杯味噌汁を飲む。

●食事は抜かない。

●普段通りに過ごす。

 

このダイエット方法を1か月試してみます。

 

味噌汁は低糖質ダイエットにもつながるんです!

ダイエットの要としての味噌汁は、

実に楽な食事にしてくれます。

 

根菜を中心にした具だくさんの味噌汁なら

栄養バランスが崩れにくくなり、

豆腐やこんにゃく、豚肉を入れた豚汁風なら

ほぼパーフェクト!

 

飽きないですよ、薬味で変化がつくし。

自分で作った味噌汁は毎日でも飽きない!

 

もしかすると最高のダイエットではないだろうか?

と私は喜んでいました。

 

なお味噌汁だけで結構お腹がいっぱいになるので、

ゆるい低糖質ダイエットも可能です。

パーフェクト!

 

味噌汁は、夜、ゆっくり飲むのがポイントだった!

私は夜にゆっくり食べたいタイプなので、

夜に味噌汁を飲んでいました。

 

これが効きました。

 

味噌汁に使う味噌は発酵食品です。

つまり腸内環境を整えてくれる。

しかも味噌汁は

野菜やきのこを具にするとおいしいですから、

腸にいいメニュー。

 

腸に働きかける睡眠時間、

味噌の中の乳酸菌が頑張ったわけです。

 

劇的な変化がすぐ起こるわけではありませんが、

トイレの悩みがなくなりました。

 

すると腸の中に不要物がなくなるせいか、

お腹がへこんでいきます。

 

これだけでもダイエット成功!と

自分にクラッカーを打ってやりたいくらいです。

 

ミソシルバンザイ。

 

腸のコンディションがいいだけで、

こんなに気分良く過ごせるなんてすばらしい。

東洋医学のメンタルと腸の関係の密接さを

身体で理解しました。

 

盲点は「便秘」。乳酸菌の偏りはバランスを崩すこともあるらしい

そう。

私は半月くらい

本当に快適に過ごしていたのです。

 

が、反動がやってきた。

 

それは過食とかではなく、

急に便秘に悩まされ始めたのです。

 

ふと思い出したのは以前取材させていただいた

お医者様のお言葉。

 

「摂取した乳酸菌の種類が偏っても、

また便秘になるリスクがあります。

だから今の自分に

必要な乳酸菌を選ぶこと、

これが大事です」

 

これです。

 

どうも味噌汁ばっかりというのが

原因のような気がします。

 

味噌汁ダイエットはものすごく簡単ですし、

栄養バランスの偏りも防げます。

でも発酵食品を味噌だけに頼るのは

こういう失敗をすることもあり得ます。

 

私のように

「今日、面倒くさいから味噌汁だけでいいや」

みたいなことを頻繁にやっちゃダメです。

 

簡単に防ぐには

 

・異なる乳酸菌を含む食品もメニューに加えておく。

・味噌汁頼みの食生活にしない。

・野菜の種類も根菜だけに偏らせない。

 

の3つです。

 

考えてみたら、

昔の日本人は食卓にいろんな種類の発酵食品を食卓に揃えてる。

ぬか漬、納豆、酢の物、梅干し……。

ここを忘れちゃいけなかった。

 

ところで結果は?

それでもおっかなびっくり様子を見ながら、

味噌汁ダイエットを続け、

1か月を終えた頃、体重計に乗りました。

 

お約束ですが、

鋭いツッコミが持ち味の相棒がジャッジします。

 

「……」

「はーい、57.0キロぉ。変化なぁーし」

「うん、500gじゃね。で……なぁ兄弟」

「んー? 」

「キミは私がやせる日って来ると思うかい?」

「体重は無理だと思う。でも体脂肪は落ちてる

「うん、骨格筋量は増えてる

「筋肉は」

「裏切らない! でも!」

味噌は依存し過ぎると裏切る!

「おあとがよろしいようで……。

ってキミ、毎回だよねえ? やめなぁ?」

「やだ」

 

味噌汁ダイエット、悪くないと思うんですがねえ。

簡単だし。

 

今回の体重:57.0キロ(スタートから-6.7㎏)。誤差でしかない。体質に合う乳酸菌が大事だなと藤井は思いました。

 

≪ライター 藤井環さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング