彼よりも◯◯を大切にしていた!「彼氏が途切れない」40代独女の特徴3選

OTONA SALONE / 2019年6月18日 22時0分

 

別れたと思ったら、いつの間にか新しい彼氏ができている40代独女。

ただの「恋多き女」かと思ったら、どの恋人ともちゃんとお付き合いしているのか、悪い噂も流れてこない。

こんな40代独女が筆者の周りにはいますが、ただモテるだけで恋人ができない女性との違いは「自分を大切にしているかどうか」にあると見ていて思います。

「彼氏が途切れない40代独女」にはどんな特徴があるのでしょうか。

 

1.ひとつのことに没頭しすぎない

 

とある40代独女は、スタイルはいいし頭もキレて男性から羨望のまなざしを向けられることが多いタイプ。でも、彼氏ができてもすぐ別れて長続きしないんです。

「相手も良さそうな人なのに、どうして?」と思って見ていると、彼女は仕事が大好きで平日は残業ばかり、休日も早めにデートを切り上げて自宅で勉強する日々を送っていました。

「もっと上を目指しているから」と彼女は言いますが、男性からすれば自分より仕事を優先されることが多い交際って、ストレスが溜まりますよね。

それとは反対に、あるサークルに入っているいつも笑顔で人当たりのいい40代独女は、いろんなイベントに出かけてサークルでもよく姿を見かけるけど、男性の影が途切れたことがありません。

どちらも忙しさは同じくらいなのですが、後者の女性は、たとえばサークルの飲み会があるときに「ごめんなさい、その日は彼氏と約束が入っているから」と断ったり、県外のイベントでは彼氏と一緒に行くけど自分の用事が終わればすぐ彼氏のもとに戻り、観光や食事を楽しんだりとメリハリのある過ごし方をしています。

集中できるものがあるのは仕事であれ趣味であれ良いと思いますが、彼氏が途切れない40代独女は「没頭しすぎない」ことでお付き合いとのバランスを取っているのが特徴。

趣味も大事だけど、彼氏との時間も忘れない。

サークルを全力で楽しむけど、彼氏と過ごすときはしっかり頭と心を切り替えられるので、男性は不満を持ちにくく楽しいお付き合いが続くのだろうなと思います。

そんなポジティブな姿勢が、別れてしまっても次の男性の関心を引ける魅力になるのではないでしょうか。

 

2.彼氏に心を開いて交際している

 

彼氏はできるけど短命で終わってしまったり、交際中は悩みが尽きなくて仕事も趣味も楽しめなくなってしまったり。

こんな40代独女は、交際の前に恋愛そのものを楽しめていません。

お付き合いは、お互いが対等な立場で心を開き、気持ちを伝え合っていい関係を築いていけます。

ですが、「この年で恋愛で失敗するのは怖い」「この人を逃したらずっと独身のままかもしれない」など、あれこれ考えすぎてまっすぐな恋愛感情を持つことができなくなってしまい、どこか彼氏に対して本音をいえないようなつながりになると、せっかくのご縁も育ちにくくなります。

女性側が心を開けないままだと、男性のほうだって素直な感情を伝えるのが難しくなり、ケンカや衝突を繰り返して終わってしまいます。

反対に、彼氏が途切れない40代独女は好きになったら恋愛感情を向けることを恐れません。

もちろん将来への不安や自分に自信を持てない部分もあるけど、それでも愛することを恐れないのは、素直な気持ちのやり取りが男性の心を開き、良いコミュニケーションを重ねることでその心配を吹き飛ばしてくれると知っているから。

その上でもし別れてしまっても、次の恋人がまたできるのはそんな自分を諦めないからです。

相手と向き合うことは勇気がいりますが、自分を大切にするからこそ愛情から逃げない姿勢が、良い恋愛につながるのだなと思います。

 

3.うまくいかないと思ったら行動が早い

 

彼氏が途切れない40代独女は、彼氏としっかり向き合った上で「これ以上はうまくいかないな」とわかれば、別れを決断するのが早いのも特徴です。

「これ以上は無理」の線引きは、自分をないがしろにしていないかどうか。

どんなに相手のことが好きでも、前向きな感情よりつらさを感じることが多かったり、どんなに努力しても相手と良いコミュニケーションが取れなかったり、幸せなつながりを感じられないのであればそれは相手との相性が悪いという証拠。

「本当はつらくて悲しい自分」を放置せず、うまくいかない現実を受け入れて別れを選択する勇気があるからこそ、新しい男性との出会いをふたたび掴むことができるのですね。

ある40代独女は、恋愛経験が少なくて自分に自信のない男性がどれだけ素直になってくれなくても、「私はあなたが好きだから」と自分から関わる努力を続け、それでも拒否されたときに「これ以上、私をつらい目にあわせるわけにはいかないから」と男性にしっかり筋を通して別れました。

「限界まで頑張った」実感がある彼女は、未練を引きずらずに次の一歩を踏み出すことができ、現在はお互いの愛情を伝え合える素敵な彼氏と幸せな交際を続けています。

「いつか彼も変わってくれるだろう」のように相手に期待せず、「もうダメだな」と思ったら潔く別れを選ぶこと、そして相手がどうであれ自分は素直に気持ちを届ける努力を最後まで続ける姿勢が、別れても次の恋愛を引き寄せてくれると感じました。

 

 

いつも彼氏がいる40代独女には、何より自分を大切にする心があります。

恋愛はひとりでするものではなく、相手があって成立するつながりです。

独りよがりな行動や感情ではまず自分自身が振り回され、疲れるばかり。

相手を愛する自分を大切にしたいからこそ、まっすぐなコミュニケーションを取れるといえます。

そんな姿勢が男性のポジティブな関心を呼び、いい出会いをつかめるのですね。

 

≪恋愛相談家 ひろたかおりさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング