ちゃんとしているつもりで残念…老け顔が加速する「眉のNG」3選

OTONA SALONE / 2019年6月21日 18時30分

「あの人って、年齢のわりに老け顔だよね」と評されてしまう40代は、その原因が眉にあるパターンも。

自分では思ってもみなかったところのせいで、予想外のオバ見えを招いていたとしたら、とてもショックですよね。

そして、もはや言うまでもないお話でもあるけれど、眉は、顔の印象を大きく左右するパーツ。

それだけに「ちゃんとしているつもり」でも、ちょっとしたNGによって、老け顔を招くこともあるのです。

時短美容家の私、並木まきが「老け顔」と言われてしまう女性ほど手抜きしがちな眉のNGに迫ります。

 

ここを変えれば脱・老け顔!40代のオバ顔を招く眉のNG1:毛の長さを整えていない

 

ここ数年はずっと太眉系のトレンドが続いているので、自眉をいかした眉メイクを楽しんでいる40代女性も多いはず。

実際、自眉をいかした眉は、勢いのあるフレッシュな表情にも見えやすく、基本的には40代を若見えさせてくれるメイクでもあります。

しかし、自眉をいかそうとしたばかりに、眉毛の長さを整えず、“生えっぱなし”にしておくのはNG。

眉毛は、均等に生えているように見えても、その長さは微妙に異なります。ただ輪郭だけを整えただけでは、横顔が不恰好になるだけでなく、正面から見ても濃淡が安定しないなど、不自然な眉に見えがちなのは否めません。

無造作な眉は、40代の生活感を加速させる引き金にもなるので、横着せずに、長さを整えるひと手間は取り入れたいところです。

 

 

ここを変えれば脱・老け顔!40代のオバ顔を招く眉のNG2:とにかく「描いて終わり」

 

眉メイクでは、パウダーやリキッド、ペンシルなどを用いて、眉の輪郭を整え、足りない部分の毛を補って……をルーティンにしている人も多いはず。

描き足すことにより、まばらに生えている部分を整えると、“それなり”に整った眉が完成したようにも思いがちです。

でも、この「とにかく、描いて終わり」の眉は、40代を老けて見せる典型のひとつ。

眉コスメで描きたしたところをぼかすことなくそのままにしてしまえば、太陽光など明るい空間では不自然さが際立ちます。

自眉とメイクした部分とのコントラストが強いほど、オバサン感が出てしまうのも確かなので、眉を描いたらスクリューブラシなどを手に取り、“ぼかし”のひと手間でなじませておくと安心です。

 

 

ここを変えれば脱・老け顔!40代のオバ顔を招く眉のNG3:毛流れを整えない

 

眉メイクの仕上げに、毛流れを整えないのも、オバ顔を加速させがちなNGです。

メイクしたばかりの顔を鏡で見たときには、きちんと整っているように見えても、毛流れを整えていないと、動いているうちに毛があちらこちらに向いてしまい、雑な印象を与えてしまうことも。

特に、気温や湿度が上がる時期には、汗のせいで眉の毛流れも乱れがちになるので、眉マスカラでの仕上げが欠かせません。

眉メイクは、きちんとホールドしてこそ、オバサンっぽさを出す“毛の乱れ”を防げると心得て。

「眉マスカラをすると、わざとらしくなっちゃって……」が気になっているかたは、透明タイプを使うのも方法です。

 

それなりにメイクをしていても「なんか老けたかも」を感じる場合には、パーツメイクにその原因が潜んでいる場合もあります。

面倒でも、“ひと手間”をルーティンに加えることが、40代のオバ見えを回避する最大のコツに。

お心当たりがあったかたは、ぜひ今日からひと手間だけ、加えてみて。

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング