【12星座ランキング】そんなつもりないのに……実はかなり「したたか」だと思われている星座は?

OTONA SALONE / 2019年7月11日 21時0分

自分が周りの人にどんな風に見られているか……やっぱり気になりますよね。女性の場合、本人はそのつもりがなくても実は「したたか」「計算高い」と思われやすい傾向があります。

今回はそんな、周囲からしたたかだと思われがちな星座をランキングしてみたいと思います。

 

12星座中、もっとも「したかか」だと思われている星座は……?

1位・サバサバに見えて計算高いふたご座

サバサバとしていて、細かいことなど考えていなさそうな雰囲気のふたご座ですが、実はとっても計算高いところがあります。それは親しい人にはほとんどバレているでしょう。隠すつもりはないのですが、それほどまで「したたか」と思われているとは本人も思っていないはずです。「したたか」と思われたくないならば、少し言動に気をつけた方がいいかもしれませんね。

2位・逆境を確実にバネにするさそり座

さそり座は逆境に強く、さらにそれをバネにするしたたかさを持っています。また、自分の弱みを周囲に見せることを嫌うため、「したたか」というイメージが根強いでしょう。また、本人もそう思われてもさほど気にしません。弱いと言われるよりはしたたかと言われた方がいい、と割り切っているのです。

3位・自分の意志を貫いていくみずがめ座

みずがめ座は自分の意志を貫く力が強く、大勢の人がいる場所でも自分の我を通し勝ちなところがあります。意見を曲げない、絶対に欲しいものを手にいれるしたたかさは、周囲からは悪いイメージというよりは良い方向にとらえられているでしょう。

4位・弱そうに見せてしたたかなうお座

うお座は弱い部分を隠したりせず、素直に周囲に甘える傾向にあります。そういう部分を逆に「弱さをさらけ出せる強さを持っている」と受け取る人もいます。うお座がしたたかと言われるときは、どちらかというと悪い意味である場合が多いでしょう。

5位・負けず嫌いなやぎ座

やぎ座はとても負けず嫌いなので、人と張り合ってしまいがち。負けまいと必死に頑張る姿を「したたか」ととらえる人もいるでしょう。負けん気が強いことは決して悪いことではありません。

6位・傷ついた素振りを見せないようにするおとめ座

おとめ座は繊細でとても傷つきやすい反面、傷ついた自分を守るために必死に隠そうと強がります。決して強いわけではないのですが、強がりをそのまま受け取ってしまう人もいるでしょう。

7位・ポジティブなしし座

しし座はしたたかというよりはとてもポジティブ。常に前向きなので、困ったことや悩みがあっても持ち前の明るさ、強さで乗り切っていきます。したたか、というよりは明るい、という印象が強いでしょう。

8位・温和で敵対心の少ないおひつじ座

おひつじ座はそもそも人と争うことも競うことも苦手ですから、したたかに世渡りをするイメージはありません。どちらかというと控えめで優しい印象を与えているでしょう。

9位・バランスよく見えるてんびん座

てんびん座は強すぎず弱すぎず、周囲にも自分をバランスよく見せているでしょう。

10位・守ってあげたくなるかに座

かに座はしっかりして見えるのに、したたかというよりなんでも人に譲ってしまうお人好しな面が。守ってあげたいと思う男性も多いでしょう。

11位・したたかには見えないおうし座

おうし座にはしたたかな印象はまったくありません。ただ、頼りがいがある、しっかりしたイメージは強いでしょう。

12位・効果的に弱みを見せられるいて座

本来したたかないて座ですが、周囲には適度に効果的に弱みを見せているので、したたかな印象は与えません。実際はかなりしたたかな面があるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は周囲から「したたか」と思われているランキングなので、実際のしたたかさとはまた別のものです。「したかか」と思われることで得をすること、損をすることどちらもあると思いますが、あまりにも現実から剥離した評価は悲しいものです。上位星座の人は、これまでの自分の態度、振る舞いについて一度振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

 

≪シナリオライター・占い師 浦井アンナさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング