夏に大量発生!40代が「オバサンぽく見える」夏のNGヘアアレンジ

OTONA SALONE / 2019年7月17日 18時30分

夏は、ダウンスタイルよりもアレンジした髪型のほうが、スッキリとした印象に。

40代が気になりがちな白髪や薄毛も、アレンジによって、目立ちにくくなるメリットもありますよね。

デイリーのヘアアレンジで上手にイメチェンできれば、大成功!

しかし他方で、せっかくのヘアアレンジが「イメチェン失敗」になってしまっている40代女性もチラホラです。

時短美容家の私、並木まきが「これはイメチェン失敗だと思った!」と周囲が感じた、40代女性のヘアアレンジに迫ります。

 

涼しげでおしゃれなつもりが大失敗!40代の失敗ヘアアレンジ1:前髪ポンパドールでまさかの老け見え

 

「この前、職場の先輩が、前髪をポンパドールにして出社してきたのですが…。

アレンジ自体はかわいかったし、涼しげでいいなって思ったんですけど、ふだんは前髪を下ろしているから気づかなかったけど、生え際近くに白髪になりかけの毛がいくつかあって…。

しかも、前髪をアップにしたせいか、今まで気にならなかったおでこの広さも妙に目立っていて、いつもより老けて見える気がしました。

本人には言えなかったけど、前髪は下ろしていたほうが素敵だなって思っちゃいました」(40歳女性/メーカー)

 

前髪をふわりと留めるポンパドールスタイルは、40代でも取り入れやすいアレンジ。

しかしおでこが目立つので、面長フェイスだと縦のラインが強調され、ちょっと老けた印象を招きやすいのも確かです。

面長女性がポンパドールにする場合には、前髪部分を横に潰したような留めると、縦のラインを強調しすぎずに済むコツに。

 

 

涼しげでおしゃれなつもりが大失敗!40代の失敗ヘアアレンジ2:ボリュームのないひとつ結びで生活感ダダ漏れ

 

「暑くなってきたからだと思うのですが、職場の先輩女性たちが、髪を結んで出社することが多くなりました。

でも、いつも思うんですけど、毛先も巻かない40代女性の単なるひとつ結びって、どう見ても生活感しか感じないし、なんで、もっとオシャレにまとめないんだろう?って思ってしまいます。

ただの“ひっつめ髪”で、トップにもボリュームがなくてペタッとまとめているから、年齢が際立つ感じ。

本人は知的なキャリアウーマン風のつもりかもしれないけれど、ヘアスタイルに無頓着な感じしか受けません」(39歳女性/保険)

 

海外ドラマに出てくるキャリアウーマンのように、髪の毛を低い位置で無造作にまとめるスタイルは、知性のあるアレンジ。

……であるはずが、実際には無頓着にまとめているだけにしか見えず、40代は年齢が際立つ残念スタイルになっているパターンもしばしばです。

ヘアアクセサリーをつけたり、頭頂部に少しだけボリュームを出したり、前髪や毛先で動きを出したりするだけでも、残念イメージは払拭しやすいはず。

 

 

涼しげでおしゃれなつもりが大失敗!40代の失敗ヘアアレンジ3:パリッとまとめたお団子ヘアでTHE・お局

 

「ロングヘアの同僚が、たまにバレリーナみたいなお団子スタイルで出社してきます。

ご本人としては多分、涼しげな夏アレンジのつもりなのかもしれないのですが、メイクが濃いめなせいもあってか、側で見ているとTHE・お局ヘアにしか見えません。

変な意味で貫禄が出てしまい、近寄りがたい感じになっているんですよね。

でも、ご本人はけっこう気に入っているようで、夏になるとその髪型の頻度が増しています。

この前、同期の男性がその女性のことを『最近、怖さが増した』なんて話していましたが、私としては、髪型のせいもあるんじゃないかなって気がします」(40歳女性/不動産)

 

すっきりとまとめたお団子スタイルは、オフィスにもしていきやすい定番アレンジ。

しかし40代がきちんとまとめすぎてしまうと、貫禄が出てしまい、怖いイメージが強まるのも否めません。

後れ毛を出しまくるのも生活感が出るリスクがありますが、きっちりとまとめすぎるのも残念のもと。

どこまで許されるかは職場の雰囲気にもよるとは思いますが、後頭部の髪を少しだけ引き出したり、毛先をゆるっと出してみたりと、ほんの少しの遊び心を取り入れると、オバ見えを回避しやすくなります。

 

涼しさを演出しようと張り切ったアレンジで「かえってオバ見え」なんて事態になるのは、ガッカリすぎます。

年齢を悪い意味で強調しがちなスタイルは、適度な遊び心で、脱・オバ見えを狙っていきましょう。

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング