40代が「飲んでよかった」と心底思っているサプリは?意外にもコレ

OTONA SALONE / 2019年8月15日 20時30分

日頃忘れていると、思い出した頃に報告がくる。アラフィフライターがガチで挑むこのダイエット連載「ダイエット戦記」はすでにスタートから2年半を越え、オトナサローネの連載の中でも古株になってきました。

 

俺たちのダイエットはこれからだ!

 

さて、少しばかり変動が出た【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】、ついにVol.31です。

 

前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」アラフィフ藤井。

2016/10/3の第1回では63.8㎏。その後も思い出したように連載は続き、前回の第30回では疑惑の57.0kg。

 

オトナになってから抱えるダイエットの難問

ダイエットを忘れたわけじゃないけれど、

「方法を大幅に変えなきゃならなくなった」ということに年齢を感じます。

 

お久しぶりです。

ダイエットライター藤井です。

同じ肉体のまま半世紀を迎えました。

 

しわもシミもたるみも白髪も

気にしていないというより「来た!」と受け入れる考えです。

 

実際に白髪が出始めてからのほうがしっくりくる。

むしろルックスを褒められない人生で初めて褒められることになった。

 

よっしゃ!モテ期到来だ!(モテてません)

 

だから「よし♪」なんですよ。

 

でも困ったのは代謝の変化。そして栄養バランスの重要性。

 

これがダイレクトに健康問題になる。見た目以上に中身で「老い」がマイナスに働くのです。

 

例えば私の場合、カロリー制限をすると、栄養素自体は計算しているのに、身体がうまく吸収できないのでしょうね、結果的に栄養失調のような状態になり、むしろ健康を害するのが経験上わかっています。糖質制限はそもそも合わないし。

 

つまり、カロリーを気にし過ぎると重要な栄養素が摂りにくい。

これが逆にやせるためのエネルギー不足で太る原因になる。

 

……ような気がする!

 

意外と「食べる量を減らすとやせる」ってのは

若さの証じゃないでしょうか。

 

サプリを信用できなかった理由

正直、サプリに対して「本当に必要なもんなの?」と思っていたんですよ。

 

しかしどうやっても不足しやすくなる栄養素があるもんです。

 

私の場合は40代に入っても腹の底ではサプリ不要っていう感覚でした。

 

むしろ素人判断での服用は栄養補助食品にならない、とか思ってたんですよ。

 

むしろ「サプリなんてお金に余裕がありすぎる人向けの娯楽じゃないの?」という傲慢な考えでありました。

 

これは世間に怪しい健康食品やサプリが多過ぎるからだと思う! 飲むだけで若返るとかやせるとか嘘っぽい! 他人様の不安を商売にしやがって!

 

ブレードで切り裂かれたいか、三八銃で狙撃されたいかを選べ!

 

ところがです。

 

尊敬する少し年上の先輩は「自分のメンテナンスのためにサプリを飲んでいる」とおっしゃる。彼女はかなりパワフルに活動しているし、健康維持もパーフェクト。

 

そして仕事の師匠。彼女も年上だけど美容医療なしで若々しい。そしてパワフルに人生を謳歌している。この師匠もサプリ愛飲者だ。

 

この年上のふたりに共通しているのは、ビタミンB群のサプリなんですよ。そして会うとすすめてくる。

 

「規定量なら問題ない!」

「補助として飲むといいよ!」

 

そこで私はふたりに押されるようにビタミンB群のサプリを飲み始めました。あとビタミンCも追加です。こっちは単純に食事だけでは不足しやすいし、すぐに消費されちゃう性質があるからです。

 

もちろん選んだのは格安のサプリですよ。ビタミンサプリでの違いなんかわかんないし、高いからいいとも思えないとか、逆にうさんくさいと思ってたという理由もあったことを白状しておきましょう。

 

サプリはやっぱり「効く」のか?

 

私は鈍感だから飲み始めて変わったかを短期間では把握できません。「飲めと言われたしなー」くらいで惰性で飲んでいたわけです。

 

しかし半年くらいしてから、なんとなーくですが、体調が安定した気がしました。

 

それと肌のトラブルが起こりにくい。

 

そしてその結果が体重計に現れた。些細なことですが1キロ落ちたんですよ。そして体脂肪率が少し減った。

 

かつての栄養失調を恐れ、食事制限してません。でもやせた! それも体脂肪率が減った状態で!

 

本音を言えば体重が落ちたことより毎年恒例の皮膚科通院と夏風邪地獄に陥らずに済んだことのほうが大きなメリットでした!

 

ん? もしかすると健康維持できてたから、通常運転の落ち着きのないヒャッハーな自分でいられたから? 単純に活動量が多いからやせたのか?

 

正直、サプリとダイエットの関連は不明ですが、イイ感じに体重を落とせたことは事実です。

 

健康を保ってやせることがオトナの課題なのですから、今が健康であれば維持させてやせるためにサプリを飲むのはありかもしれないですね。

 

サプリは『栄養補助食品』だと肝に命じよ

40代以降は栄養バランスよく食べることが最大のアンチエイジングで、ダイエットに不可欠なことだと思います。

 

糖質や脂質は食事で簡単に摂れます。ミネラル類も食習慣を変えていけばさほど難しくないかも。でもビタミンB群やビタミンCはそうじゃないんではないでしょうか。

 

ビタミンB群を再生と補修のビタミンとか呼んでいる方もいるし、とにかく回復したい40代以降には重要なんじゃないでしょうか。なんたって肌や髪の衰えが気になり始める年齢だし、急に疲れやすさを実感する年代ですしねえ。

 

特にストレス多い人はビタミンCがジュッと音を立てて消費されてる……ような気がする! 喫煙習慣がなくても、イライラで消費されてると思うですよ!

 

全員に当てはまると思ってませんけど、ビタミンのサプリは健康のためのダイエットにはある程度役に立ちそうです。

 

しかし!

 

ここが重要。

3つありますよ。

 

その1:サプリは食事になりません。

その2:サプリは栄養補助食品です。

その3:サプリは食事なしで摂取しても吸収できないかも、です。

 

決められた通りに『補助』として飲んでいれば、ある日、突然、「あれ、なんかイイ」となるかもしれません。

 

今回の体重:56.0キロ(スタートから-7.7㎏)。今回は誤差じゃないと思う!

 

【合わせて読むならこちら】

【黒歴史】絶対「してはいけない」ダイエット、40代になればわかると共感の嵐

【味噌汁ダイエット】夜に飲むとラクに地味に効いてくる!でも、こんな盲点もあった…?

ダイエットを成功させる3つの必勝ポイント。一番大事なのは何?

効果が出たダイエットは食事?運動?40代が「3kgやせたいとき」のダイエット

 

≪ライター 藤井環さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング