40代がやりがち!パーツ別「老け見え」メイクは……

OTONA SALONE / 2019年8月28日 19時30分

オトナサローネで人気の美容記事。

今回は、40代がやりがちな老け見えメイクをパーツ別にご紹介していきます。

老け見えメイクをやめてみるだけで、印象も一気に変わりそうです!

 

ベースメイク編

1:粉っぽい

パッと見た瞬間に粉浮きしている40代肌の印象と言ったら、ネガティブなものがズラリなのは、悲しいけれど「言わずもがな」。

「あの人、生活に疲れているように見える」という男性陣の声も多々耳にしてきた私だけに、“粉浮き肌”は「オバさん見えの最たる特徴のひとつ」に認定します。

「若い頃から愛用しているファンデーションをアップデートしていない」など、エイジングに合わないファンデーションを使い続けていると、塗ってから時間が経つにつれお肌とベースが分離しやすい傾向も。

・40代からは?

粉浮きさせないためには、年齢に適したアイテム選びもカギになります。

 

2:首元よりも明るい

首元よりも“白い”ベースメイクは厚化粧な印象を与え「オバサンっぽい!」を招くデンジャラスなメイクですが、首の色より明るすぎるトーンのベースも危険。

顔だけがパッと浮き上がってしまい、“がんばってメイクしてます感”が醸し出されやすいのです。

全体の印象としては年齢なりにエイジングが出ているのに「顔だけがピカピカ!」だと、すごくムリしている雰囲気に見えやすいんですよね。

・40代からは?

ベースの色は、首よりも1トーン明るいくらいが、40代肌をオバ見えさせない限界です。

 

3:色が沈んでいてツヤがない

“くすみ”とはまた違う感覚で、これまでの歴史で浴びた紫外線が少しずつ吸着されているかのような“独特の暗さ”に、今まさに心当たりがある女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

黒っぽく変化した肌を自覚していると「肌色に合わせてファンデーションを選ぼう」と心がけ、やや沈んだカラーを手に取りたくなります。

しかし、これもオバサン見えしやすいベースの典型なのです。

とくに、沈んだ色みをマットに仕上げてしまうと、疲れ顔に見えたり病的な印象になったりとエイジングだけが際立つ肌に。

せっかくメイクをしてもみずみずしさが生まれず、老けた印象を周囲に与えやすくなります。

・40代からは?

沈んだ色でベースを整えるときには、少しだけツヤ感を出したほうが40代の肌は美しく整います。

>>詳しくはこちら

まつ毛メイク編

1:つけまつ毛

マスカラを塗る手間もなくマツエクサロンに行く必要もないので、“つけまつ毛”は時短で目元を華やかにする救世主的な存在。

しかし、バサバサの人工毛をまぶたにくっつけているだけで、“痛々しさ”や“やりすぎ感”が出やすく、本人の満足とはウラハラに一気におば見えが加速!です。

エイジングが出始めている肌にバサバサまつ毛を加えてしまうと、悪目立ちしかせず、滑稽な印象を与えやすいのです。

・40代からは?

40代がつけまつ毛に頼るなら、ぜひ自然なデザインを選んで。

日常生活でつけまつ毛を使う40代はそこまで多くはないものの、結婚式などの華やかメイクでは、写真映えを狙って盛り盛りのデザインをセレクトしがちなのでご注意を。

 

2:まったくのナチュラルまつ毛

まつ毛もエイジングに伴って、毛が細くなってくるのが一般的。

ですので「なにもしない」「マスカラは塗らない。トリートメントだけ」だと、目元のインパクトに欠けてしまい、年齢以上に老けた印象を与えてしまいます。

アイシャドウやアイラインは塗っているのにまつ毛はノーメイクだと、アンバランスな仕上がりで目元の劣化を際立たせてしまう貧相なイメージにもなりがちです。

・40代からは?

アイシャドウ・アイライン・まつ毛の3バランスが整ってこそ、メイクで若見えが狙えるのです。

 

3:バサバサの盛りまつ毛

若い頃にギャルメイクを楽しんだ40代ほどやりがちメイクでもあるのですが、40代の肌は誰しも若い頃よりエイジングが出始めているため、まつ毛だけが盛られているとかなり不自然に。

「張り切って若作りしてます」な雰囲気が強くなってしまい、かえっておばさんな印象を与えやすいのです。

しかも、ダマができていたりヒジキのように絡まっていたりすれば、その痛々しさはマックスに!

・40代からは?

バサバサまつ毛って写真映えはしますので、「ここぞ!」な撮影をする日にはいいのかもしれませんが……。

 

>>詳しくはこちら

 

リップカラー編

1:ビビッドな赤

各メーカーからは、いろいろなバリエーションのレッド系リップの新色が揃っていますし、選ぶ楽しみもグンと増しました。

しかし、40代女性がビビッドな赤を選んでしまうと、くすみが始まっている肌とのコントラストが極端に映りがち。

若い頃より肌は沈んでいるだけに「ビビッドな口紅のせいで、口元だけがやけに目立つ!」という事態も起こりやすいのです。

・解決方法

「もう、ビビッドリップを買っちゃった!捨てるしかないかしら?」という方は、ブラウン系の口紅と混ぜて使うと、鮮やかすぎる発色を少し抑えられます。

 

2:クリアすぎるピンク

やわらかい発色が特徴のクリアなピンクは、顔色をパッと華やかに見せてくれる反面、40代女性が塗ると「若作りしてます」感が出やすいカラーでもあります。

とくに、アイメイクやチークは控えめにしているのに唇だけが“真っピンク”だと、こちらも口元が悪目立ちすることに。

見た目にはかわいいカラーなので、つい手が伸びてしまいがちですが、鏡を見て唇だけが浮いている気がするなら、そのまま塗るのはデンジャラスです。

・解決方法

もしも「すでに手元にクリアなピンクがある!」という場合は、赤をプラスすると40代にふさわしい落ち着いた色みに変わります。

 

3:パープルが強いバーガンディ

パープルが強いバーガンディカラーは、40代女性の口元にはやや老け見えを誘う色でもあるので、気をつけなくてはなりません。

その昔、バブル時代にパープル系のメイクが流行したせいもあってか、大人女性の口元に紫を塗ると「おばさんっぽいなぁ」という感想を抱く人も珍しくなく、色のせいでおばさん見えを誘うことが!

パープル系のバーガンディには、少し青みがかった色も多いため、“黄ぐすみ”が出ている肌に合わせると、顔色が悪く見えやすいことも関係しているかもしれません。

・解決方法

もし、手元にパープル系のバーガンディがあって使いかたに頭を抱えていらっしゃるようでしたら、ブラウン系の口紅と重ねてみると、あたたかみのある色に変わって使いやすくなります。

 

>>詳しくはこちら

 

≪主婦の友社 OTONA SALONE編集部さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング