40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

OTONA SALONE / 2019年9月14日 18時30分

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。

真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なんてパターンにハマってしまえば、残念の極み。

では、40代で都合のいい女にカテゴライズされがちな女性ってどんな人?

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちからこっそり聞いた「こんな40代は、僕にとって都合がいい」な特徴に迫ります。

 

うっかり残念…男から見て“都合のいい女”になりがちな40代独女1:とにかく忙しい

40代ともなると、仕事に脂がのってきて、これまで以上に忙しくしている女性も珍しくありません。

ところが自分よりも忙しすぎる女性に対しては、あまりいい感情を抱かない男性もいるのが現実。

“忙しい=収入が安定している”のパターンもあるだけに、男性目線だと、なにかと都合よく扱いやすいのは、確かなようです。

「今、親しくしている42歳の女性。最初は彼女として付き合うつもりだったんですが、あまりに相手が忙しくデートのドタキャンも多かったため、結局今は、セフレとしてしか見ていません」(43歳男性)

「休日出勤も多い2歳年上の女性と交際中ですが、休みの日にもなかなか思うようにデートができないので、実はセカンド彼女もつくってしまいました。ただ、本命彼女は忙しいだけあって高収入。将来的に長く付き合うなら、本命彼女だなって打算もあります」(41歳男性)

恋愛関係に打算を持ち込む男ほど、多忙な40代を都合よく捉えがち?

寂しがりやな男性ほど、自らの孤独感から、勝手に都合のいい立ち位置に降格させる傾向もありそうです。

 

 

うっかり残念…男から見て“都合のいい女”になりがちな40代独女2:やたら結婚願望が強い

 

40代で婚活中だと「そろそろ本気でゴールインしたい!」と、自分史上もっとも真剣に婚活に励んでいる女性も少なくありません。

結婚願望が強まっているのは決して悪いことではないはずだけれど、男性目線だと、これが「都合よく扱える」と判断する引き金になっていることも。

「ずっと独身の43歳女性とこの前までちょっと付き合ったんですが、やたら“結婚したい”ってのがミエミエで、僕が何をしても許してくれる感じでしたね。僕は恋愛に、互いを高めて刺激しあえる関係を求めているので、なんでも『いいよ、いいよ』ってなっちゃう女性といてもつまらない。結局、僕の気持ちがどんどん冷めて、セフレみたいな関係しか続けられませんでした」(44歳男性)

「やたら結婚願望が強い女性は、とにかく扱いやすいです。結婚のためならなんでもするって感じだし、こっちの都合で進められる関係も多いなって思います。僕自身は結婚願望は薄めですが、いいご縁があればって感じ。でも、これまで婚活で知り合った40代女性は、みんな“なにがなんでも結婚!”って感じで、恋愛の面白みもなく、僕から燃えるような関係にはなれなかったな」(48歳男性)

結婚をゴールに定めている意識が強いと、つい相手の男性にも寛容になりがち。

しかしそんな姿こそが、“都合のいい40代”に成り下がってしまう引き金にもなりやすいのです。

 

 

うっかり残念…男から見て“都合のいい女”になりがちな40代独女3:やたらリア充

 

経済的にも精神的にも安定してくる女性も多い40代となると、SNS上だけでなく、リアルな“リア充”(日本語がおかしいかも?)を謳歌している人も増えがち。

仕事に趣味に、女友達との旅行にエステに食べ歩き……と、若い頃よりも自由な生活を思いっきり楽しんでいる女性も少なくありません。

しかしやたらリア充な女性に対し、冷ややかな目を向ける男性もチラホラ。

「飲み会で知り合って、顔が僕のタイプな45歳の女性がいたんですが、毎月のように女友達と旅行に行き、平日も高級レストランで食事をしているライフスタイルを知り、結婚後もそんな生活がやめられないんだろうな……って思ったら、自信がなくなりました(苦笑)。でもタイプなんで関係は続けたくて、カラダの関係だけはキープしています」(47歳男性)

「派手な生活をしている42歳の女性と婚活関係で知り合いました。最初は、本気で付き合おうかと思っていたのですが、浪費癖についていけないと感じ、気持ちが萎えました。でも、その子は結構稼いでいるので、自分が『行きたい』と思うと、高級レストランとか旅行とかのお金を僕の分まで負担してくれるので、関係だけは継続しています」(43歳男性)

経済的に豊か、かつスタイリッシュな生活を好む40代女性には、気後れしてしまう男性も珍しくありません。

とはいえ「僕に好意を抱いてくれているなら」と、“据え膳食わぬはなんとやら”で、関係だけはキープしたくなる心理も働きがちなのかも。

 

自分では“都合のいい女”になっているつもりがなくても、男性からそう思われてしまえば、幸せな恋愛からは遠のきます。

お心当たりがあった場合には、こういった面を男性に見せないようにするのも、婚活サバイバーの掟かもしれません。

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング