彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

OTONA SALONE / 2019年9月17日 18時30分

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。

いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。

あからさまに意地悪や嫌がらせをしてくる義母は論外ですが、悪気がないのに何かしら“やらかす”、天然系義母も、40代の頭を悩ませる存在になりがち……。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが40代女性から聞いた、扱いに困る天然すぎる義母の生態に迫ります。

 

悪気はないんだろうけど…「お義母さん、ちょっと待って!」1:息子の彼女のものは自分のもの

 

「同棲して半年になる彼のお義母さんは、悪い人ではないんですが、ちょっと距離感がつかめないタイプで、いつも私が困惑しています。

『娘がいないから、あなたのことは実の娘だと思ってる』と嬉しいことを言ってはくれるんですが、そのせいなのか、距離感がやたら近い。家に遊びにくると、私の化粧品を勝手に使い『これいいわね!欲しいわ〜』とおねだり。さらにはクローゼットや食料庫も勝手に開け、めぼしいものを見つけてはおねだり。

まぁ、年金暮らしで欲しいものもなかなか自由に買えないのかなって気もするので、そういうときには全部あげるようにしているんですが……。

買って間もないものや、気に入っているものにコレをされると、心の中で『ちょっと待って〜!』って叫んでいます(苦笑)」(46歳女性/エステサロン勤務)

 

息子しか育てたことのないお義母さんだと、息子の彼女や嫁を娘のように思い、大事にしてくれる人も多い傾向に。しかし親しいのは嬉しいことながら、“おねだり”がすぎれば、困惑を招いて無理はありません。

エスカレートすればストレスにもなりかねないだけに、彼に相談して、“義母予算”を設けてもらうのも一案かも?

 

悪気はないんだろうけど…「お義母さん、ちょっと待って!」2:息子の過去話を暴露

 

「事実婚状態にある彼は、同じ40代でバツイチ。前の奥さんは、鬼嫁系だったと聞いています。

すでに彼のお義母さんとも何度も会っていて、事実婚にも理解を示し、今では私を嫁として扱ってくれています。

けど、このお義母さんがなかなかクセモノ(!)で、噂話や悪口が大好きなタイプ(笑)。うちに遊びにくると、彼の前妻の話題を出すことも多く、その内容は基本的には、悪口やダメなエピソード。でも、私の立場では、聞いていていい気持ちがしませんし、知りたくない話が混ざっていることも(涙)。

彼がいない場でしか元妻の話は出ないので、場を選んでるっぽいんですけど、あまりにも続くので、ついこの前、彼にそれとなく相談してみたんです。すると、お義母さんから後日『なんで女同士の秘密の話を息子に言うのよ〜』ってチクリとやられてしまい……。結局、元妻の悪口は延々と続いています(涙)。

私はいつまで、この話に付き合えばいいのでしょう……」(44歳女性/小売)

 

彼に婚歴があると、義母の中では、つい新しいパートナーと比較しがち? デリケートな話題でもあるだけに、やすやすと口にする義母がいると、いらない不快感を覚えるケースもありそう。

「良かれ」と思って情報を与えてくれているにしても、不要な情報はいりません! と言いたくなりますね。

 

悪気はないんだろうけど…「お義母さん、ちょっと待って!」3:思ったことをなんでも口に出す

「彼のお義母さんは、サバサバ系ではあるのですが、思ったことは全て口にしないと気が済まないタイプのようです。

遊びにくるとエンドレスのお喋りが続くうえに、その場で思いついたようなどうでもいいことを、ずーっとしゃべり続けています。ただの話好きなら適当に流すんですけど、厄介なのは『ねぇ、聞いてる?』が義母の口ぐせなこと。

私が家事などで忙しく動いているときにも『ねぇ、聞いてる?』を連発するので、うかうかしていられないんです(苦笑)。

彼は『母親は普段、ひとりで暮らしているから誰かがいると、お喋りしたくてウズウズしているんだろう』って言うんですけど、私だけでなく私の母が遊びにきたときにもそんな感じで、どう扱っていいのか地味に悩んでいます」(41歳女性/サービス)

 

お喋り好きな義母世代も多いけれど「なんでも言わないと気が済まない×相手がちゃんと聞いているのか確認が入る」がセットになっていると、なかなか手強そう。

相槌のバリエーションもそのうちに底をつきそうだし、どっと疲れが出てしまうかも……。

 

悪気がないのがわかるからこそ、天然系の義母は、ある意味で「困ったちゃん」的な存在。最愛の彼の母親だからこそ大事にしたい存在ですが、あまりにも度が過ぎれば、地味に悩みのタネになりますよね。

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング