彼はどこまで本気?結婚願望がない40代男の見分け方

OTONA SALONE / 2019年10月7日 22時0分

こんにちは。マッチングアプリを使ってアラフォー再々婚した青山ちかと申します。

1年間の婚活中は、多くの40代の男性と出会いました。今回は、その中で気づいた40代男の結婚願望の本気度の見分け方についてご紹介します。

 

プロフィール項目での結婚願望

 

婚活・恋活用のマッチングアプリには、男女ともに自ら入力するプロフィール項目があります。

そこには結婚願望の強さを表現する項目もあります。これは、気軽に入力する男性が多く、結婚願望に関する本心が見え隠れします。アプリの初心者さんでも相手の気持ちを見抜きやすいポイントなので、写真や年収や身長以上に!必ずチェックするようにしてください

項目はだいたい以下の4つです。

 

1.今すぐしたい

2.2~3年のうちに

3.いい人がいたらしたい

4.結婚を考えていない

 

さて、どの項目を選んでいる人の本気度が高いでしょうか?

 

1.今すぐしたい

 

これは分かりやすいですね。仕事の区切りが良い、引っ越しなどの環境の変化も可能、など、早めに結婚相手を探し、結婚したいという希望がある人です。少々がっついているように見られることを心配してか、私が使っていたマッチングアプリでは、1.を選んでいる男性は少数派でした。40代男性は、2.3.が多かったです。

 

2.2~3年のうちに

 

という人は、誰かと結婚をしたい気持ちはあるけれど、じっくりとお相手探ししたいと考えていることが多いです。また、仕事や家族の状況から言って、今すぐに大きな生活の変化を求めていない人であるということが言えそうです。出会った女性のことをすごく好きという段階でなくても、「一緒にいてしんどくないし、もしかしたら結婚に至るかもしれないから、交際を始めてみようかな」、という風にお付き合い開始までのハードルが低いことも。ただし、交際してから女性側が「早く結婚したい」と距離を詰めた時に、大きな生活の変化を厭い、さっと逃げる可能性があります。

 

3.いい人がいたらしたい

 

という人は結婚はしたいけれど、焦って決めたくない。いい人がいたら多少時期が早まっても良い、という風に読み取れます。運命の相手を探しているロマンチストな方と言えそうです。このタイプの方は、見た目や条件などでのひとめぼれのような感覚を大事にする方が多く、初対面でビビビ!を求めることも多いです。気にいった女性には積極的にアプローチすることも。

自分が相手の好みのタイプに入っているかどうかは、やり取りをし、デートをすればすぐに分かるでしょう。私のことは好みじゃなさそうと感じたら、すぐに引く勇気も必要です。
このタイプの人が、距離を近づけてこない場合は結婚まで至る可能性は低いからです。

 

4.結婚を考えていない

 

こちらは婚活女性が避けるべき人。このタイプは、最悪は既婚者で、自由奔放な生活を好み、結婚生活を望んでいない人です。最初から意思表明をしているだけ、誠実というところでしょうか。

 

自己紹介や、プロフィール欄

 

同じように、対面の場合の自己紹介やアプリのプロフィール欄でも相手の結婚願望の強さを読み取ることができます。

 

機が熟しているか

 

結婚生活は将来にわたる線ですが、結婚そのものは縁とタイミングです!

自分が婚活をしていて、「1年以内に結婚したい」と考えていても、お相手がそう思っていなかったらまず価値観がすり合わないため、お互いを傷つけ、時間の無駄になってしまいます。お相手の以下のような項目を確認してみてください。プロフィール項目以外にも、このポイントを抑えることで、男性自身が結婚に対して機が熟しているかがどうかということを垣間見ることができます。

 

結婚向きのタイミング

一緒に住む人を探している/あるいは今の暮らしにこだわりがなく、引っ越すことができる/家族や周りから結婚を期待されている/忙しすぎる趣味や付き合いがなく時間の余裕がある/お金に余裕がある/積極的にパートナーを探している

結婚に向いていないタイミング

結婚向きでない家を買っていて処分が難しい/家族やペットが同居していて環境の変化を受け容れることが難しい/仕事や趣味、勉強などで忙しく、難しい判断ができない/落ち着きがなく、会う約束をするのも困難/養育費やローン、趣味などでお金に余裕がない

 

ストレートに聞いてみる

 

このように、いくつかのチェックポイントを抑えておくことで、相手と真剣に向き合う前にお相手の結婚に対する本気度が分かります。

とはいえ、奥ゆかしい男性も多く、自らこういった話を持ち出さないことも多いです。その場合は、実際に会う前に「ところで私は婚活中なのですが、〇〇さんはどんな目的でアプリをしているんですか?」と聞いてみるとよいでしょう。

ストレートに聞いてみたら、ぽろっと本音を話してくれるかもしれませんよ。

 

ただし、会ってからはあまりがっつかない

 

ここまで、男性の結婚願望の強さについて、じっくりとリサーチしてきました。

最後に注意したいのは、

 

・実際に会ってみてからは、しつこく同じことを聞かないこと

・女性自身も自ら機が熟しているか、またそうであることをオープンにしているか

 

ということです。

男性からすれば、結婚願望があり、機も熟している、あるいはいい人がいればと考えているのに、女性と会うたびにしつこく「結婚する気があるんですか?」、「引っ越すことはできますか?」などと聞かれてはたまりませんね。

また、女性自身も、「結婚したい」と口では言っているわりに、いざ結婚しても良いという相手が現れた時に、自分自身に結婚を阻むハードルが色々あっては実るご縁も実らなくなってしまいます。

 

まとめ

 

40代の男女は、私生活も充実し、自分の生活リズムやお相手に対する理想が固まっていることも多いでしょう。

ですが、「結婚して、これからは誰かと支え合う人生を送りたい」と強く願うのであれば、本記事を参考にしていただき、まずは出会うお相手の結婚願望の強さを測ることから慎重に行ってください。

 

≪婚活ライター 青山ちかさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング