【首が痛い人】意外に「鎖骨」が固い?ココをほぐすとすんなり解消|10秒ストレッチ

OTONA SALONE / 2019年10月12日 21時0分

 

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。

首コリが辛い、痛い、、、

そんな悩みを持ってるあなたは、もしかしたらデスクワークや家事など頭を下に倒して作業することが多い人なのではないでしょうか?

頭を下に倒していると首に大きな負担をかけてしまうので、どんどん辛くなり、首が痛くなってしまうんですね。

なのでそんな人は、首をココから動かせるように意識してみてください。
すると嘘のようにコリや痛みが軽減しますよ!

 

首はココから動かす!

意識の違いでどれだけ変化が出るのかを体感していただきたいので、まず頭を後ろに倒して、今の首のコリや痛みの度合いを覚えておいてください。

それがわかったらこの動画のほぐしと、動きをやってみましょう!

①鎖骨の間と鎖骨の下を満遍なくほぐします。
②ほぐし終わったら、鎖骨の間のくぼみを斜め上に引き上げるように頭を後ろに倒しましょう。

いかがでしょうか?
先ほどより無理なく頭を後ろに倒せてると思います。

実は首の動きには鎖骨がとても重要なんです。

首は鎖骨から動かす

鎖骨の動きを制限しているのは胸の筋肉。

この筋肉は、猫背や巻き肩などの不良姿勢になると固まりやすく、胸の筋肉は肩や首のこれらの筋肉を繋がりがあるため、胸の筋肉が固まると首も固まってしまうのです。

そして胸が固まるだけで首に負担をかけるのに、それによって鎖骨の動きが悪くなると、更に首に大きな負担をかけてしまいます。

何故なら、鎖骨は肩甲骨と繋がり、肩甲骨は肋骨と背骨で形成される胸郭の上に乗ってるため、鎖骨の動きが悪くなると胸郭の動きが悪くなるからです。

頭を後ろに倒したり、前に倒したり、横に倒してりする時は首の骨が動きますが、実は一緒に胸郭も動いています。

そのため胸郭が動かないと、首の骨だけで動かすことになるため、首の負担が大きくなってしまうのです。

 

このストレッチがお勧め!

なので今回ご紹介したほぐしや首を動かす時の意識は、なるべく普段から実践していただきたいですね。

そして更に首コリや痛みでお悩みの方には、このストレッチも実践していただきたいです。

これは今回紹介した鎖骨を意識した首のストレッチ。

10/17に発売される「10秒ゆるみストレッチ」という本に書いてあります。

これも結構効くので、お悩みの方は是非試してみてくださいねー!

ではまた来週お楽しみに!

 

柴雅仁のブログ
https://selfcare-lab.com

Twitter
https://twitter.com/PT_shiba 

 

体軸コンディショニングスクール、一般社団法人 体軸コンディショニング協会監修
クロスポイント®︎
各ワーク©体軸コンディショニングスクール
解剖学画像引用元:ヒューマン・アナトミー・アトラス

 

【毎週土曜21時に連載!】

 

≪パーソナルトレーナー ・鍼灸師 柴雅仁さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング