【肩こり解消】脇の下ストレッチが効く!二の腕痩せ・背中痩せもできちゃう!

OTONA SALONE / 2019年10月24日 20時0分

こんにちは。デスクワーク専門ストレッチインストラクターの青柳です。かつて10年以上のデスクワークで身体の不調のデパートだった私が、ゼロから学びなおして知った健康ハックをお伝えします。

たぷたぷ二の腕・背中のハミ肉はデスクワーク肩こりのせい!?

デスクワーク肩こりにお悩みの場合、上の写真の右側のように肩が内に入って捻じれてしまう、所謂「巻き肩」になってしまっている人が多いですよね。

肩はガチガチで辛いし、見た目もよくないのは分かっているけれど、一日中パソコンと向き合っていたら、こんな姿勢になってしまうものです。

しかも、実はこの巻き肩、二の腕のたぷたぷや背中のお肉がブラの上に乗ってしまう「ハミ肉」の原因にもなってしまうのです!

ハイゲージのピッタリとしたニットの出番も増えてくるこの季節、露出が減るからと言って油断はできません。むしろ、二の腕や脇、背中の肉が目立つ機会が増える季節でもありますよね。何気に。

肩が内に捻じれて巻き肩になっていると、大円筋と広背筋が縮こまって硬くなってしまっています。筋肉の縮こまりが血行不良を起こし、肩こりの原因になります。

また、大円筋は肩甲骨と腕の骨、広背筋は背骨と腕の骨を繋いでいます。これらの筋肉が硬くなってしまうと、お肉がどんどん腕の方に引っ張られ、寄せ集められてしまうのです。

これが二の腕や脇のたぷたぷしたお肉の正体です。ブラの上にお肉が乗るのも背中の脇寄りのほうですよね。

そこで今回は、肩こり・巻き肩・二の腕痩せ・背中痩せが一度にできてしまうとってもお得なストレッチをご紹介します!

脇の下のストレッチで肩こりスッキリ!二の腕・背中もスッキリ!

下の動画は、私がTwitterに投稿したものです。

伸ばした腕に頭を載せて、頭の重みで大円筋と広背筋をストレッチします。脇の下辺りが伸びている感じがするはずです。

片方ずつ、それぞれ40~60秒キープしましょう。少しだけ小指を天井側に向けると、さらにストレッチが効きます。

ゆっくり呼吸をしながらやると、リラックスした気分にもなりますよ。

デスクワークをした日は必ず、寝る前にやるといいですよ!

デスクワーク中にやるなら、下の動画の方法もアリです。

イスの高さを低くしてからやるとやりやすいですよ。

「ぶら下がり」も脇の下のストレッチになる!

子供の頃、鉄棒やうんていにぶら下がって遊んだ記憶があるかと思います。この「ぶら下がり」も大円筋・広背筋のストレッチに効果的な方法なのです。

とはいえ、大人が鉄棒にぶら下がる機会はなかなかないですよね。公園の遊具を使うのは勇気が要ります・・・。

そこで、ちょっと誰かに協力してもらいましょう。座った状態で鉄棒にぶら下がるように腕を真上に伸ばし、それをさらに上方へ誰かに引っ張ってもらうのです。

デスクワークの合間に、隣の席の人と交替でやってみるのも気分転換になりますよ。

手伝ってくれる人がいないときは、下の動画のように、何かぶら下がれるものを見つけてみましょう!

 

≪ヘルスケアライター 青柳彩子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング