【男の本音】婚活男子が初デート「この人はないな」とガックリきた40代女性

OTONA SALONE / 2020年1月15日 22時30分

ゴールインを目指し、良きパートナーと巡り合うために婚活をしているのは女性だけではありません。

 

男性もまたオンリーワンの存在と出会うべく、日々粛々と婚活にはげんでいます。

 

そんな男性陣から耳にしたのは「それまでのやりとりは感じが良かったのに、いざデートしてみるとこの人はないな、とガッカリした」というエピソードの数々…。

 

今回はお相手を40代女性に限定したエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

 

婚活男子が「この人はないな」と感じた40代女性①:「自分のことしか考えていない」

 

「45歳を過ぎてから主にマッチングアプリや婚活サイトを使って婚活しています。あるとき明るくてハキハキと自分の意見や考えを述べる女性と出会いました。若々しく可愛らしい方で最初のうちは好印象でしたが、飲食店で次から次と自分の好きなものだけ躊躇なく注文する姿に驚きました。会計はこちら持ちですが選ぶものは高額なものばかり…。何の遠慮もない姿勢に呆れてしまいました」(48歳男性/会社員)

 

「30代後半からマイペースに婚活パーティーに参加。そこで周囲への気配りがすばらしい品のある女性と話し、共感を覚えました。物腰もやわらかくて知的。結婚を意識して付き合っていけると思い積極的にアプローチしましたが、デートしてみると鏡ばかり気にしたり、過去の恋愛がどのくらいすごかったかと自慢されたり、自分大好きな方のようでした。『パーティーでは本当の自分を出せなかった』とカミングアウトされましたが無理でした」(45歳男性/障害者福祉系職員)

 

「30歳のとき、趣味がゴルフの人同士の婚活会に参加しました。見た目が好みな方がいたので連絡先を聞き後日食事をしましたが、ほぼ初対面にも関わらず自分からまったく話をしません。こちらが気を遣って話しかけ、会話を広げようとするのですが相手はまったくのってくる気配がなく…。常に高飛車な態度で、これはないなと思いました」(46歳男性/会社員)

 

誰しもいちばん興味があるのは自分です。ただ相手に興味を持って接するのはコミュニケーションの一部。相手がいるときは「2人で楽しむ時間」と思えるといいですね。

 

婚活男子が「この人はないな」と感じた40代女性②:「お金のことばかり考えている」

 

「33歳から婚活をスタートさせ月1で婚活パーティーに参加。趣味や理想の夫婦像など楽しく会話できる女性がいました。良いパートナーになれそうだと感じていましたがデートを重ねるうちに給料や貯蓄などお金のことばかり気にするようになり、ないなと思いました。生活の安定を考えればお金のことは気になるでしょうが、あまりにもしつこく聞かれたので呆れました」(34歳男性/会社員)

 

お金の話は結婚が現実味を帯びてきた証ともいえ、2人の関係が前進しているようにも思えます。でも、いきすぎると「ないな」と感じてしまう男性がいるようなので注意が必要です。

 

婚活男子が「この人はないな」と感じた40代女性③:「思い込みが激しい」

 

「30代前半のとき、婚活目的の飲み会や合コンに数多く参加したときのこと。相手の女性は友人の職場の先輩で口数が少なく、クールな印象でした。プロ野球好きの自分と話があったので、2人で2度ほど会い、3回目のデート終わりに夜の公園へ。彼女から『自分との結婚は考えている?』と聞かれましたが、知り合ったばかりなのであいまいな答えでにごしました。すると彼女は突然大声で怒り出し、ベンチの横の植え込みに私を突き飛ばしました。そのあとも『男はずるい』と泣きわめいて…。申し訳ないのですが、自然にフェードアウトしましたね」(41歳男性/フリーランス)

 

互いに温度差があったように思えますが、想像していなかった彼女の姿を見て一気に引いてしまう男性もいるようです。そうなると修正がきかなくなるため、2人の関係性を冷静に見極める観察力も大事になってきそうですね。

 

婚活男子が「この人はないな」と感じた40代女性④:「ひねくれている」

 

「37歳のとき、結婚相談所で1年婚活しましたが、飲食店でほかのお客さんの容姿を見て『あの人のセンスは30点だね』『あの人、1人でお酒飲んでて何が楽しいのかな』とやたら周囲の人を気にしている女性がいました。このひねくれがあったら結婚できないだろうな…と心から思いました」(39歳男性/会社員)

 

「30歳から婚活しており、相談所からすすめられた女性とデートをしました。色気のある美人で優しくて気遣いのできる方で、できればお付き合いしたいと思っていました。互いにブランドものが好きでファッションの話題も楽しかったのですが、デートのとき隣のテーブルに座ったご婦人のことを『センスが悪い』『貧乏くさい』『あの年でブランドもの1つも持ってないなんて…』とたたきはじめて、びっくりしました。自分の品のなさに気付かない女性はありえないです」(34歳男性/自営業)

 

心の中で思ったことが、そのまま言葉に出てしまうのかもしれません。それほど男性に心を許しているともいえますが、他人へのひねくれは「ただの悪口」と捉えられ、イメージダウンにつながってしまう可能性が高そうですね。

 

 

結婚を目指し、良き出会いを願っているのは男性も女性も同じ。

 

男性は40代女性のどのような行動にどう感じるのか。注意事項のひとつとして、参考にしてみてくださいね。

 

 

≪お悩み相談員&ライター すだあゆみさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング