在宅期間中に試したい!「待ってる時間が長い手作り」3選

OTONA SALONE / 2020年3月31日 19時30分

できることはわかるし、やってみたいけれど、日常では手間がかかりすぎてできないことって、結構ありますよね。燻製づくりや、ジャムづくり、チーズづくりなどが筆頭でしょうか。

中でも「面倒そうに思っていたけどやってみたら意外に簡単なこと」を3つセレクトします。

 

1.今日食べたい人が今すぐできる「バターライス」

こんにちは、v i v o 花本です。 さて連載12回目となる今日は『炊飯器で作る、バターライス』の紹介をしたいと思います。家庭で作るのは意外に面倒だと思っている方もいらしゃるかもしれませんが、そんな方には今回は必見です。実際私たちのお店で提供しているレシピをそのまま、炊飯器を使って簡単に美味しく作る方法を公開します!

 

【家バルつまみ by vivo花本朗 #12】 バターライスの黄金レシピ公開!

>>お店みたいなバターライス、どうすれば自宅で作れるんだろう?【シェフのテク】

 

2.「味噌」こそはこの機会に仕込むべき

「手前味噌」という言葉があります。自分の家で作った味噌の味を自画自賛するという意味なのだそうです。昨年、「手作り味噌」の講座の抽選にはずれてしまい、悲しみのあまり自分でやろうと作り方を検索してみたところ、どう見てもものすごく簡単。

いやいや、日本が誇る発酵調味料の味噌ですよ、そんなに簡単なわけがないでしょ?と試しに(1年がかりで)作ってみたら、本当に「これはまず誰も失敗しないだろう」という簡単さ。今年も作ったので、ご紹介します。

ぬか漬けはだいたいカビがきて廃棄になる私も、味噌は基本的な殺菌にさえ注意すれば今後ずっと大丈夫な気がするくらい大丈夫!

>>袋に入れて放置するだけ。超美味な味噌が自宅で作れてびっくり!

 

3.「甘酒」が4時間で自宅で作れる!

胃腸のお疲れも一段落しましたか? これから大寒を控え、まだまだ寒い日々が続きます。さて、こんな時期に気になるのが「甘酒」。中でも火入れをしない手作りの「生甘酒」は、酵素やビタミン類がそのまま生きている!と、いま注目を集めています。

参考記事/美腸に、ダイエットに。今こそ始めたい「甘酒」の6つの効果

甘酒には、酒粕を材料に使ったアルコールを含む甘酒と、麹を材料としたアルコールを含まない甘酒があります。上記の記事でも詳しく触れていますが、これまで「甘酒の独特の風味が苦手……」と感じていた人におすすめなのが後者の中でも今回ご紹介する「生甘酒」。なんと自宅で、炊飯器を使ってたった4時間で作れるのだそう!

>>冬太り解消! ダイエットドリンク「甘酒」のやせる効果がスゴイ! 自宅での作り方は?

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング