顔型別【NGヘアスタイル診断】40代に「絶対にダメ!」な髪型は?

OTONA SALONE / 2020年6月20日 8時0分

40歳を過ぎると見た目老化が進行、その影響で顔悩みもさらに浮き彫りになってきます。その影響で、これまで通りの髪型が似合わないと感じたり、老け感を強調させてしまうことも。

せっかくキレイに整えているつもりが、逆効果になってしまっては意味がありません。そんな悲しいことにならないよう、顔型タイプ別に「絶対やってはいけない」ヘアスタイルをご紹介します。

 

全ての顔型に当てはまるのは「ひし形」バランスを目指す!

顔診断の前に、どの顔型にも共通していることがあります。それは髪型のどこかしらに「ひし形」バランスを作ること!

では、ひし形バランスにはどんなメリットがあるのか。それが以下の通り。

 

・理想的な顔型に近づけることができる

・顔のたるみをカバーしてくれる

・頭の形をキレイに見せてくれる

・小顔効果を与えてくれる

 

ひし形バランスを作るのは、髪全体のシルエットでも顔まわりのデザインでもOK。長さに関係なく、ひし形を感じさせることが重要です!

まずは自分の顔型タイプをチェック

ひし形バランスの重要性を理解したら、今度は自分の顔型を再確認。

ヘアカタログなどによく書かれている「顔型タイプ」。なんとなく自分はコレと思っていても、実際にはよく分かっていない人も多いのでは? さらに自分のことは自分が一番よく分かってるつもりでも、客観的な判断ができていない人も多い様子。

そこでまずは自分の顔型タイプを把握するために、顔型診断をしてみましょう。

 

【あなたはどのタイプ? 顔型診断】

質問1~14で、自分にあてはまる「はい」の項目をチェック。「1」のついている記号A~Dの数をカウントします。

たとえば、質問1と2はどちらかにあてはまる人が多いと思いますが、

1にあてはまる人→ A と C

2にあてはまる人→ B と D

2つの記号を1つずつカウントします。

質問3が「はい」の場合は、記号Aを1つだけカウントします。

 

Aがいちばん多かった人 → 丸顔タイプ

Bがいちばん多かった人 → 面長顔タイプ

Cがいちばん多かった人 → ベース顔タイプ

Dがいちばん多かった人 → 逆三角顔タイプ

*いちばん多かった項目が複数ある人は、全部の要素が当てはまりますので、それぞれをチェックしてください。

 

自分の顔型をしっかり理解することで、残念ヘアは必ず回避できます。

顔型診断とその結果を頭に叩き込み、自分にぴったりの髪型を楽しみましょう!

 

 

【監修】

加藤貴大さん(Laf from Garden)

OLや主婦層からの支持が高く、顧客の多くは40〜50代の女性。フェミニンなスタイルを得意とし、中でもパーマスタイルの評価が高く、顧客の多くはパーマをオーダーするほど。「ツヤ、透明感、柔らかさ」を意識したスタイル作りのために、カットやパーマ技術だけでなく、日々の薬剤研究も欠かさない人気美容師。

 

鈴木富美子さん(EMBELLIR)

EMBELLIR代表。都内有名サロンを経験後、高橋亜季氏とサロンオープン。和装やウェディングなどのハイレベルなヘアアレンジを得意としており、数多くの女性誌などで作品を披露。サロンでは自身がプロデュースする水牛角のヘアアクセ・FUCAも販売中。

 

 

(イラスト/うた まさぽ)

 

≪美容ライター 三輪順子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング