「おやつ食べ過ぎも加齢臭リスク?」40代女性のニオイを消す2つの対策って

OTONA SALONE / 2020年6月6日 16時0分

こんにちは。「予防医療」のスペシャリストで、医師の桐村里紗です。

この連載では、人生100年時代の折り返し地点、50歳になる前にやめたい悪習慣についてお伝えしていきます。

前回の汗臭に続き、今回は、更年期の体臭についてです。

体臭は、自分自身の内側を表現する大気のようなものですが、この時期には加齢臭が発生し始め、年齢を感じさせてしまうもの。

これについてどう対策し、捉えたら良いでしょうか。

【ネオヘルスケアドクターLISAの「50歳になる前にやめる100のこと」#29

クローゼットを開けたときのニオイでチェック!加齢臭

卵巣の排卵機能が低下して、それと共に女性ホルモンの分泌が乱れ始める更年期。

最終的に完全に月経が停止する閉経を迎えます。

その過程で、ハタっと気づくのが、自分の体臭の変化です。

 

自分のニオイはなかなか感じにくいものですが、客観的に感じやすいのは、クローゼットやタンスを開けた時。

「ん?なんだか違う」。

 

油っぽいニオイではない!加齢臭は「ひなびた」ニオイ

油臭さとは違う、ちょっとひなびたような、枯れ草や古本などと表現されるニオイ。

なんだか、ちょっぴりもの悲しさを感じるニオイ。

これぞ、加齢臭です。

加齢臭は、油っぽいと思いがちですが、実はこのように表現される哀愁漂うニオイなのです。

 

男性だけのものではない!「加齢臭」は女性ホルモン低下が原因

加齢臭は、男性のものと思いがちですが、更年期以降の女性には発生します。

 

なぜなら、それを食い止めていた女性ホルモン・エストロゲンの分泌が低下し、最終的には体内で女性にも少量分泌されていた男性ホルモンが優位に働くからです。

 

加齢臭は、皮脂の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸が酸化されて発生する「ノネナール」という物質のニオイです。

 

女性ホルモンは、皮脂の酸化を抑える抗酸化作用があるのですが、これが減ってしまうと皮脂が酸化して、加齢臭が発生しやすくなるのです。

 

男性と比べて、皮脂の分泌量自体は年齢と共に減っていく為、そこはかとないのが女性の加齢臭の特徴ですが、それでも体臭の変化はショックなものですね。

 

加齢臭を少しでも防ぐ!「今すぐできる」2つの対策

加齢臭は、ある程度は年齢的な変化として仕方がないものの、ライフスタイルによって余計悪化します。

 

対策としては2つ。

  1. 皮脂の過剰な分泌を防ぐ
  2. 皮脂の酸化を防ぐ

■1.皮脂の過剰な分泌を防ぐ

皮脂は、潤いのために欠かせませんので、適度に必要です。オイルカットはいけません。

皮脂の原料は、血液中の中性脂肪です。

中性脂肪を上げる食生活を控えましょう。

  • 砂糖たっぷりの甘いもの、炭水化物のとり過ぎ
  • 揚げ物、デニッシュ・クロワッサン、洋菓子などの隠れた油に注意
  • アルコールとり過ぎに注意

食事の油分だけでなく、糖分、アルコールが余っても体内で中性脂肪に変換されますので、注意です。

デニッシュやクロワッサンなどは、脂肪分が40%程度と揚げ物以上に含まれている場合もあり、こちらも隠れた原因に。

■2.皮脂の酸化を防ぐ

加工食品やインスタント食品、ファストフードなどに含まれている油は、そもそも酸化した過酸化脂質が多い為、なるべく控えたいものです。

抗酸化物質として、特に油の酸化を抑えるビタミンEやカロテンなどを野菜などの食品からしっかり摂りたいものです。

ビタミンEは、アボカドやナッツ類に豊富。カロテンは、緑黄色野菜に豊富です。

アボカドオイルを料理に使うのも便利です。

ブロッコリーやパプリカなどの緑黄色野菜たっぷりのサラダに、アボカドオイルを使ったドレッシングなど如何でしょう。

 

避けられないライフイベントなので「成熟の証」とポジティブに考えて

「加齢臭」という言葉はネガティブな響きがありますが、加齢臭を実際に嗅いでも「嫌っ!」と思う人は少ないという事実があります。

いわゆる油臭い「ミドル脂臭」や「汗臭」などは「臭い」と感じる人が多いのですが、加齢臭は「どこか懐かしい」「愛着が持てる」などポジティブなイメージを感じることもあるようです。

 

フレグランススペシャリストの女性が、「加齢臭が加わると、その上にのせるフレグランスに深みが加わり表現が増す」と仰っていたのが印象的でした。

 

女性にとって、更年期や閉経は避けられない人生のイベントです。

でも、年齢を重ねることは決してネガティブな側面だけでなく、自分自身の深みが増し、人として成熟していく証でもあります。

 

それを表現するとしたら、更年期を経て変化した年齢も、ポジティブに捉えられるのではないでしょうか。

 

【ネオヘルスケアドクターLISAの「50歳になる前にやめる100のこと」、週1回、土曜の夕方に配信!】

文/内科医・認定産業医 桐村里紗

tenrai代表取締役医師。1980年岡山県生まれ。2004年愛媛大学医学部医学科卒。内科医・認定産業医。治療よりも予防を重視し、「ヘルスケアは、カルチャーへ」というコンセプトを掲げ、新しい時代のヘルスケアを様々なメディアで発信している。フジテレビ「ホンマでっか!?TV」「とくダネ!」他メディア出演多数。著書『日本人はなぜ臭いと言われるのか 体臭と口臭の科学』(光文社新書)他。

 

≪内科医・認定産業医 桐村里紗さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング