英語で「また今度」はなんて言う?

OTONA SALONE / 2020年9月8日 7時0分

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身につけた身近な表現をクイズ形式でお届けします。言葉は生きています。同じ意味でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここではなるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえる表現をご紹介いたします。

「又今度」って英語で言えますか?

正解は

rain check です。

rain = 雨

check = 引換券、小切手

 

Can I get a rain check?

またの機会に参加してもいいかな?

 

I’ll give you a rain check.

また誘うね。

 

「誘ってもらったけれど都合がつかない、次の機会に又誘ってね。」と言いたい時に使えるとても便利な表現です。

では、何故「雨天中止の引換券」からそうなる~?この慣用句の由来ですが、rain check とは野球の試合が雨天中止になってしまった時の次の試合の引換券の事です。又、お店の特売品が売り切れてしまったけれど、次に入荷した時にその特売の価格で購入することができる引換券という意味でも使われています。転じて一般的に「次の機会に、また今度」と言う意味で使われるようになりました。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

 

 

≪英会話講師 神野優子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング