【脱オバ髪】40代にしっくりくる!かろやかボブヘア7選

OTONA SALONE / 2020年9月25日 8時0分

ボブは大人女子に一番人気のヘアデザイン。スタイリングがカンタンで、乾かすのも短時間。さらにまとめ髪にすることもできるので、多忙な40代女性にウケるのも納得です。

でも、Aラインの肩レングスにカットすればイイと思ったら大間違い。ボブはちょっとした長さの違いやシルエット、前髪の有無で、あっという間にオバ髪に!

今回は40代にちょうど似合うボブスタイル7種をお届けします。

 

1:万能ひし形シルエットの束感ボブ

頭や顔の形がきれいに見えると評判のひし形ボブはアラフォーでも取り入れやすいヘア。顔型を選ばずに似合わせやすいボブです。

流した前髪が若いころだと落ち着いて見えがちですが、アラフォーになるとちょうどよくハマります。また、前髪を外に流すことで顔が引き締まりリフトアップ効果もあり! ワックスやシアバターで束感をつくれば、今っぽいカジュアル感も出せるので老け見えも回避できます。

注意したいのは、トップの長さ。短いと老けて見えるので長めに残してもらいましょう。

 

2:やわらかな毛流れと透け感の華やかボブ

定番人気のボブもレイヤーを入れることで、そよ風のようにふんわり軽やか。

軽さは欲しいけれど、毛先がスカスカになるのはNG。品がなくなり貧相な印象になってしまいます。

トップにレイヤーを入れることで毛量を調整しつつ表面で動く毛束をつくるのがポイントです。適度に重さが残るので、大人の落ち着きを感じられるスタイルに。まとまりとツヤも表現できます。

アイロンやパーマでゆるいカールをつければ、レイヤーがいきてふわっと束が浮いたように見えておしゃれ。

 

3:頭の形がキレイに見えるメリハリショートボブ

湿気で髪がふくらみやすい、ボリュームがなくなってきた、クセがあるといった髪悩みを抱えている人におすすめのゆるパーマヘア。

トップと前髪にだけCカールのパーマをかけてナチュラルなふんわり感をキープ。部分的にパーマをかけるだけで質感が変わり、手間をかけずにおしゃれに見えます。

えり足がタイトになるようカットしているので、頭の丸みもキレイに出るんです。

サイドを耳にかけるだけでも雰囲気が変わり、短いながらもアレンジがしやすいヘア。

根元からしっかりと乾かせば、ふんわり。お手入れもラクラクです。

 

4:前上がりふんわりレイヤーボブ

横広がりな輪郭をごまかしたい人に最適なのが、ひし形シルエットを意識した、フワッとしたストレートタッチのボブ。

顔まわりに髪をかぶせてカバーするのは、輪郭カバーはできても老け顔に見えてしまいがち。表面のレイヤーでふんわり感を出しながら、大人っぽいひし形シルエットにすれば、気になる輪郭をカバーできて、若さをプラスすること間違いなし!

また、前髪は斜めバングにするのが正解。こめかみラインからサイドのレイヤーをつなげることで、小顔効果も高めます。おでこが狭い人はノーバングにするのもアリ

 

5:切りっぱなし風グラデボブ

カジュアルさの中にも品の良さを感じさせるクールボブは、髪が多く、多めにレイヤーを入れるとハネやすくなる硬毛向き。

毛先にグラデーションを入れることで襟足がタイトに仕上がり、広がりやすい髪を解消。硬くて多い髪ならではの、まとまりにくい毛先もきれいま止まります。

また、表面にほんの少しレイヤーを。これだけでふんわりとソフトな質感が出せます。

スタイリングはストレートアイロンで内巻きワンカールするだけ。片側を耳掛けすると耳後ろの毛先が外ハネになり、今っぽいデザインが楽しめます

 

6:ニュアンスカールボブ

トップから毛先に大きなうねりを描いた、ふんわりボブ。実はコレ、髪が細くて少ない人に最も支持されているデザイン。

毎日アイロンを使ってセットしていると、細毛さんは特に髪を痛ませてしまう原因になります。そのままの状態だと自分のやってみたい髪形の幅も狭くなってしまうため、極ゆるパーマでふんわりさせて、スタイリング方法で束感や艶感を楽しむのがベストです。

パーマは根元は避けて、中間〜毛先にワンカールでOK。ペタ毛になりやすい髪は根元に立ち上がりをつけたがりますが、スタイリングでクシャっとさせた方が良いでしょう。

また、トップの分け目はこれまでの分け目から少し場所を移動、もしくは逆にしてみて。気になる地肌が見えなくなります

 

7:オーバルラインボブ

硬くで動きがつけにくい直毛さんは、ストレートを最大限に生かしたボブで若見えに。

毛先に重さを残したAラインボブにすると、顔のたるみを強調しがち。これを回避するため、毛先を軽くしてオーバルシルエットに。リフトアップ効果が狙え、髪の多さもカバーすることができます。

前髪は眉ラインのショートバングに仕上げました。フルバングにすると若作り感が出てしまうため、横にボリューム感を出しながら、隙間を作ったショートバングにするのがコツ。面長顔も同時にカバーできます。

前髪に抵抗のある人は、内側に薄めの幅でダブルバングを作り、前髪ありもなしも楽しめるスタイルにしてみて。

 

≪主婦の友社 OTONA SALONE編集部さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング