【植松晃士】それじゃダメ! 40代「やってはいけない」春メイク、春美容

OTONA SALONE / 2021年1月26日 21時0分

みなさん、こんにちは。植松晃士です。今回は2021年春のビューティ編。

メイクなんてマスクしているから、あまり楽しめな~い!という方もいると思いますが、逆に言えば見えている部分で勝負しなきゃ! また、リモートも増えているから、画面越しでも「キレイ」を充実させておくことは大切です。

 

春の目元、ヌーディすぎてもダメ

マスクをしているからどうしてもアイゾーンまわりのメイクが中心になりますが、とりあえず、忠告! 春色メイクで流行中の明るいグリーンやブルーといった色には手を出さないで!

読者の皆さんはヌーディというか、素まぶた時代を経てきた方々かと思います。しかも、多色パレットなんて買っても2色か3色使えばいいほうで、全部使ったら「ケバくなる」「下品になる」と勘違いして「ナチュラルにいくわ~」と何もしない。そういう人が多いのではないかしら?

メイクしない=清楚に見える。というのは妄想! ノーメイクなんて、「手抜きしている」としか思われてないから。ナチュラルオバさん、ってほめ言葉じゃないし。ナチュラルっていうのはフレッシュって意味だから、鮮度がないなら加工が必要なの!

 

グリーンは「流行カラー」だけど…

だからといって、昔使っていたグリーンやブルーといったカラーが今でも似合うのか?といったら、もう似合いません。加工はもちろん必要だけど、すでにあの頃と顔も変わっているし、肌質も変わっているし、まぶたのかぶり具合も変わっているし、肌ツヤも変わっているのよ、哀しいことに。

グリーン、ブルー、イエロー、オレンジといった色は、くれぐれも気をつけないと逆に老け感をあおります。そもそも、年齢的に肌がくすんでいる状態だから発色もそれほどよくないだろうし、ケバい仕上がりになるリスクもあります。

じゃ、何を使ったらいいのか? 特にアイメイクをあまりしない人なら、明るめのキラキラ感あるベージュ系のアイカラーを使いましょ。例えば、「コスメデコルテ」のロゼベージュというカラーは品がよくて繊細な輝き。また、クリーム系ならパッと発色しないから、発色させたければ重ねればいいので失敗も少ないです。

コスメデコルテ AQ アイシャドウ 06 3,800円(税別)
問)コスメデコルテ 0120-763-325

ちなみに、パレットについている小さな筆やチップが汚れていると、キレイに仕上がらないし、気分も乗らない。だから、ちゃんとした筆やチップを用意しておくことをオススメします。使う前にティッシュで軽く拭いてから、アイカラーをのせて。

 

トレンド色を使うなら!

また、どうしても流行カラーを使いたいなら、アイライナーとかマスカラで。アイライナーなんて、ピンク系が人気。ピンクと言っても桃色じゃないから安心してー。絶妙なカラーだし、アイシャドウのように幅広くないから主張もそれほど大きくないので使いやすいはず。

 

ちなみに、エトヴォスのミネラルスムースリキッドアイライナーの新色ピンクグレージュは、ソフトマットな発色で柔らかな目元を演出。かわいらしくなりすぎない大人にぴったりのカラー。

 

エトヴォス ミネラルスムースリキッドアイライナー ピンクグレージュ 2700円(税抜)

問)エトヴォス

 

マスカラは黒じゃなく、ボルドー系にすれば華やかさが出ます。また、眉の色を変えるのも今っぽい。赤み系、明るいカラーを眉にのせるだけで顔の印象が変わるのでやってみて。

 

マスクの下、油断してない?

次に、スキンケア編。前もお話しましたが、マスクしているからって油断しているとマスク内の肌はどんどん劣化します。ほうれい子ちゃんがやってきて、居座っちゃうから! やっぱり日々のケアは大切。

最近のお気に入りは、顔全体には「MTエッセンシャル・セラム」。これは独自の肌ハリ成分を配合した美容液。毛穴を引き締めてキュッとしたハリ感を与えてくれます。たるんでくると毛穴も目立ってくるから、これで一網打尽!

 

MTエッセンシャル・セラム 30mL 11,000円、50mL 16,000円(ともに税別)
問)MTコスメティクス 0120-52-8877

 

気になるフェイスラインのぶよぶよ感には、フェイスライン専用のITRIMの「クレセント コントゥア トリートメントセラム」。あごを含むフェイスラインのハリや弾力不足が気になる肌の構造に着目した開発されたらしく、なじませていると横になったときのあごのたるみ具合が変わってきた気がする~!

クレセント コントゥア トリートメントセラム 18mL 17,600円(税込)
問)ITRIM 0120-151-106

 

一気に解消したいなら、クリニックで一発逆転もあり。「ウルトラフォーマーⅢ」というマシンは、点状に無数の熱作用を加えてたるんだ肌を引き締めるというもの。ダウンタイムもないので、すぐメイクできます。ちなみに、目の下のたるみにも施術可能。

参考までに、アヴェニュークリニック六本木&表参道では、目元22000円~(税別)です。

コスメでもクリニックでも、気になったらすぐケアするのが基本。放っておくと、加齢の波にのまれちゃうから要注意!!

では、また次回お会いしましょ♪

 

≪ファッションプロデューサー 植松晃士さんの他の記事をチェック!≫

 

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング