1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

決してひとごとではない…「介護」も襲いかかってくる【大穂その井#7】

OTONA SALONE / 2021年9月25日 12時0分

52歳で突如としてがんが見つかり、同時に親の介護も担うこととなった大穂その井さん。ご自身の体験を話してくれました。好評の内容を再配信します。

 

もしもがんと介護が同時にやってきても…必ず乗り越えられます

皆さんにもこの先やってくるかもしれない「がん」と「介護」を乗り越える5つのポイント

前回までは

  1. がんになった自分を責めるな(前進せよ) 
  2. 自分だけで解決しようとするな(エリート街道を行け
  3. 医師はチームメンバー(プロジェクトリーダーは私)

をご紹介してきました。

 

今回は、ビジネスウーマンがなかなかできない、

 4.「助けて!と言える勇気を持て(見栄を捨てよ)」

です。

私も「できません、助けてください」なんてこと、バリバリに飛ばしている時は口にできなかったのですが、とうとう言わなければならない状況になりました。

 

がん闘病中の私のもとに「介護」まで突然やってきた

父が倒れる2週間前。

健康な時には、自分が病気になる、ましてや「がん」になるなんて想像できません。しかし「介護」は、親が高齢になってくると意識せざるを得なくなります。

 

私は親の「老い」を強く感じるタイミングがありました。それは、母が、何度も同じ話をするようになったり、急に痩せてきた時でした。大きな母が、小さくなってきたのね。

 

一方、父は頭がすこぶるクリアだったので、「老い」を感じませんでした。むしろ、私ががんになってからも、強くサポートしてくれていたほど。

 

でもまさか、自分の乳がんが再発したタイミングで父が倒れるとは。

「よりによって今?」

完全に油断していました。

 

上の写真は、私が54才で乳がんが再発し、抗がん治療で髪が抜けた時のもの。横に写っている91才の父は、この2週間後に脳梗塞で倒れ、救急搬送されました。

 

そしてそのまま、介護レベルが一番重い「要介護5」の寝たきり状態になりました。

 

そのあと84才の母もアルツハイマー型認知症を発症し「要介護1」の状態に。自分自身のがん治療と両親の介護が同時にやってきたのです。

 

私はひとりっ子で独身。親戚は遠方に住んでいるし、ひとり娘の私がすべて対処するしかなくなりました。

 

つづき>>>自分の治療だけでもしんどい中、両親までが…?さらに襲う問題とは

 

≪OTONA SALONE編集部 井一美穂さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング