1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

その後ろ姿、ヤバい…?知らずにやってる「フケ背中」の原因とは

OTONA SALONE / 2021年10月26日 20時30分

ニットやコートなど重ね着が増えるこれからの時期。何より気をつけたいのは、その後ろ姿です。

私たちは服を着る際にどうしても前部分のみで判断しがち。そのため、前からみるとスッキリ見えるコーデも後ろから見ると太って見えたり、老けた印象に映ったりします。

そこで今回は、後ろ姿が老け見えするNGコーデをご紹介します。

 

だらっと老ける……「ロング丈トップス+イージーパンツ」

巷でよく見かける、ゆったりしたシルエットのプルオーバーにラフなイージーパンツを組み合わせたコーディネート。こちらはバランスの調整がとても難しい着こなし。後ろ姿は着丈も長く余計に野暮ったく見えます。とくにトップスが全体的に丸みのあるシルエットだと背中も丸まって姿勢が悪く見えやすいので気をつけて。

 

こうした重ね着コーデは今季のトレンドスタイルです。そのため多くの人が着こなしているので、一見違和感なく取り入れてしまいがち。ですが後ろ姿に着目すると急に老け見え感が出るので、本当にご自身に似合っているかどうかを吟味して取り入れてくださいね。

 

この着こなしをして後ろ姿を美しく見せるには、腰上のショート丈のニットとお尻がギリギリ隠れるくらいのロング丈シャツを合わせるとちょうど良いバランスになりやすいです。丈をあまり長くしすぎないよう整えてみてくださいね。

肉肉しい姿に……?「ハイネックニット+ハイウエストパンツ」

ボディラインにぴったりフィットしたハイネックのニット。それに組み合わせるハイウエストのパンツ。これ自体はよくある秋冬の定番コーデです。パンツがハイウエストなので前からみると脚が長くキレイに見えますね。しかし、キレイに見えるのは前から見たときだけ。

 

ウエストからお尻にかけてのラインはあらわに……。なのでお尻が大きい方や骨盤が張っている方、お尻が垂れている場合はそのヒップラインが目立ってしまい、後ろ姿の老け見えを誘発します。とくに裾がキュッと細くなっているテーパードパンツやペグトップパンツはお尻まわりがゆったりしているのでその分、余計にヒップも大きく見えるので気をつけましょう。

 

この手の着こなしを取り入れる場合はニットカーディガンなどお尻をすっぽりカバーしてくれる小物アイテムをプラスすると良いですよ。

 

老け背中は「丸み」が原因!なるべく立体的に隠す!!

実際の体型に関係なく、背中を見ただけで老けたように感じるその原因は、シルエットに丸みがあるためです。今回ご紹介したコーデも背中が丸まって見える着こなしの一つ。また、背中だけでなくお尻が大きく見えるのも気をつけたいポイントです。お尻が大きく垂れた印象は、体型崩れを感じさせ後ろ姿が老けた印象にもなります。

なのでカーディガン・ストール・アウターなどの羽織ものを駆使してシルエットをカバーすると背中の老け見えを予防できますよ。ぜひ、お出かけ前はご自身の後ろ姿もチェックするのを忘れずに!

 

≪ファッションライター 角佑宇子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング