1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選(後編)

OTONA SALONE / 2022年5月20日 8時1分

今日も簡単なのに読み間違いをしやすい言葉を集めました。さっとチェックしてみましょう。後編です。

5・押印

読み間違いの例

なついん

正しい読み

おういん

意味

印判(いんばん)を押すこと。

ここに、押印(おういん)をお願いします。

説明

「なついん(捺印)」という言葉の方が多く聞かれるのではないでしょうか。署名のそばに印を押す時に言われますよね。ちなみに署名なし、例えば印刷されたものに判を押すだけの場合は、「捺印」ではなく「押印」を使います。ですから、宅急便の受け取りなどは「捺印」ではなく「押印」となるのです。

 

6・極彩色

読み間違いの例

ごくさいしょく

正しい読み

ごくさいしき

意味

極めて濃厚な色彩。転じて、派手でけばけばしい色どり。厚化粧にもいう。

話題のデザイナーは極彩色(ごくさいしき)の衣装を身にまとっていた。

説明

「彩色(さいしょく)」という言葉があるので、間違える人もいるようですが「彩色」も「さいしき」と読みます。

 

7・御利益

読み間違いの例

ごりえき

正しい読み

ごりやく

意味

利益(りやく)の尊敬語。神仏が衆生(しゅじょう)に与える利益(りやく)

御利益(ごりやく)のあるお札をお土産にいただいた。

説明

利益(りえき)という言葉があります。こちらは利得のことですね。「御」がついたら意味が変わります。神仏が私たちにくださるもの。読み方も「りえき」ではなく「りやく」となります。

 

8・五月雨

読み間違いの例

さつきあめ

正しい読み

さみだれ

意味

陰暦五月頃に降る長雨。また、その時期。つゆ。

五月雨(さみだれ)の季節になりました。

説明

「五月」には特別な読み方をする熟語があります。

五月……さつき
五月雨……さみだれ
五月晴れ……さつきばれ
五月蠅い……うるさい

「意味」のところにもありますが、五月雨は陰暦五月頃の雨ですから、今の六月、そう、梅雨のことです。同様に「五月晴れ」は六月の晴れ、梅雨の晴れ間を指しますので、五月に「今日はすがすがしい五月晴れだね」というのは誤りです。

 

9・雰囲気

読み間違いの例

ふいんき

正しい読み

ふんいき

意味

その場面またはそこにいる人たちの間にある一般的な気分・空気。周囲にある、或る感じ。ムード。

雰囲気の良いレストランですね。

説明

漢字をそのまま読めば間違いはないのですが、言いやすさから「ふいんき」と読む人も多いようです。また「囲」の字を「因」と間違えているという説も以前NHKで紹介されていました。

 

10・柔和

読み間違いの例

じゅうわ

正しい読み

にゅうわ

意味

性質・態度がやさしくおとなしいこと。

柔和(にゅうわ)な目をしている女性。

説明

「柔」は「柔道(じゅうどう)」や「柔軟剤(じゅうなんざい)」の「柔(じゅう)」なのでそう読む人が多いのでしょう。しかし「にゅう」とも読む漢字で「柔和」の場合は「にゅう」と読みます。

 

 

みなさん、どうですか? 読み間違いというものは、誰にでもあることです。間違っていたものは、この機会にしっかりと覚え直すチャンスですね。

 

 

 

 

≪国語教師・文章コンサルタント・文章力養成コーチ 松嶋有香さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください