1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. 恋愛

「ケバいオバサン」よりみっともない……!? 男が嫌悪感を示す40代女性の3大NGキャラ(後編)

OTONA SALONE / 2023年11月4日 18時31分

男性たちが「ぶっちゃけ、ケバいオバサンよりみっともないと思う……」と口にした40代女性像から「納得」と感じたキャラをご紹介します。後編です。

<<前のページ:周囲がイラッとくるのも納得のキャラとは

ケバいオバサンより男は苦手…40代女性の誤った路線2:外見に無頓着で男と肩肘張る系

「バリキャリ系に限らず、最近痛いよなって思って見ているのが、外見にどんどん無頓着になっていくうえに、男とやたら張り合う系の同世代。

“もはや、かわいいとか思われるのは勘弁”とかって強がり発言する女性も知っているんですが、本気でかわいげがないし、それならケバいオバサンのほうがまだマシ」(41歳男性)

 

「40を過ぎたくらいから、外見に無頓着になる女性も目立つような気がする。

さらには、キャリアを積んでいる自信からなのか、仕事の話で露骨に男と張り合おうとしたり。

こういうキャラの女性とは、正直、あまりお近づきになりたくないです」(45歳男性)

 

若いころほど外見にこだわらなくなる女性も、40代で増える傾向は確かに否めません。

男性はいくつになっても女性に幻想を抱く傾向もあるだけに、外見に無頓着かつ男と張り合う姿を見せた瞬間に、多大なる幻滅を抱くのも実態なのでしょう。

「女として見てもらわなくて結構」がポリシーな女性ほど、こういったイメージが強まりがちなのも否めません。

愛想を振りまく必要まではなくとも、好感度が下がるほどまでに極める必要もないキャラと言えそうです。

 

私オバサンだからと自虐するわりに、○○……!次ページ

ケバいオバサンより男は苦手…40代女性の誤った路線3:「オバサン」を自ら公言しつつ、あからさまに若作り系

「『ほら、私なんてもうオバサンだし』とか口では年齢を自虐ネタにするくせに、見るからに若作りをしているのがバレバレな女性は、かなり痛い。

カラコン、マツエクとかで盛りつつ『オバサンだしぃ』って言われても、否定されたくてわざと言っているようにしか聞こえない」(42歳男性)

 

「ちょいちょい『私はオバサンだから』とか自虐するくせに、服とかメイクとかはやたら若い子のトレンドを追っている40代は、痛いです。

こういうキャラと比べれば、ケバいオバサンのほうが、よっぽど潔い」(41歳男性)

 

こちらは口では謙遜しつつも、見た目からはその真逆の路線狙いなのがミエミエ、といったところが不評の要因でしょうか。

そもそも、“オバサン”をテーマにした自虐ネタ自体が男性目線だと不評になりがちな傾向もあるだけに、矛盾した姿を感じると、その苛立ちがひとしおなのかもしれません。

 

女性の40代は、外見的にも体力的にも、さまざまな変化が訪れやすい年代と言われます。

だからこそ、これまでとは異なるキャラに徹する女性も少なくないわけですが、そこで誤った方向に進んでしまうと、ときとして「ケバいオバサン」よりもダメキャラ扱いされるハメにも陥るようです。

私自身への自戒も込めつつ、同世代のみなさまの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事はリバイバルです

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください