今すぐ封印して! 男性が「ぶりっ子だ…」と嫌悪感を抱くアラフォー女性の言動って?

OTONA SALONE / 2017年11月20日 18時30分

今すぐ封印して! 男性が「ぶりっ子だ…」と嫌悪感を抱くアラフォー女性の言動って?

「年齢不相応に、ぶりっ子な女性だ」と男性に思われるのは、名誉なことではありません。

本人は、ぶりっ子をしているつもりはなくとも、同世代の女性と比較して幼さが際立っていたり、変に“女”を売っているように見られると、途端にゲンナリしてしまう男性も。

「ぶりっ子をしているつもりはないけれど、もしかして、私も!?」とドキッな40代女性のみなさま。こんにちは、並木まきです。

今回は、アラフォー世代がしてしまうと、男性から「ぶりっ子だ!」と思われやすいデンジャラスな言動をお話します。

 

1:黄色い声でうるさい

「わぁ!」「きゃぁぁ」などの、“黄色い声”。

女性らしい話しかたではあるものの、声量が大きかったり頻度が多かったりと「うるさい」印象になると、途端にぶりっ子感が加速します。

ハタチそこそこの女性が口にする「きゃあぁ!」はかわいくても、酸いも甘いも嚙み分けているはずの40代女性がコレをしてしまうと、途端にわざとらしい印象に。

かっちりファッションに身を包み、パッと見は大人の魅力に溢れている女性が想定外の黄色い声を出すと、それだけで「ひょっとして、本当は頭が弱いのか……!?」の疑惑を抱いてしまう男性もいます。

40代の女性としての魅力は、黄色い声以外の面でアピールしていきたいところ。

 

2:「できない」をすぐに口にする

「私には、できないわぁ」「私には難しそう!誰かやって?」など、何かをすぐに「できない」と口にしてしまう40代女性も、ぶりっ子な疑惑を抱かれやすい傾向に。

「できない」の言い方そのものよりも、「いい歳して『できない』ってなんだよ」というゲンナリ感を男性に与えやすいのです。

40代ともなれば、それなりの経験を重ねてきている年代だけに、すぐに「できない!」を口にする女性には、違和感を抱く人も決して少なくありません。

すぐに男性に甘えようとする女性の姿は、即座に言いようのないぶりっ子感を醸し出すことも多く、周囲の男性に「本当はできるのに、わざと言ってないか?」と思わせてしまったら、その時点で即・ぶりっ子な印象になりがち。気をつけて!

 

3:「プンプン」「えへへ」と漫画調の言葉を使う

「もうっ!私、怒っちゃいましたからねっ。プンプン」

「あれ?そうでしたっけ?えへへ。間違えちゃいました!」

こんなふうに、漫画のセリフ口調を好んで言葉にする40代女性も、男性から「ぶりっ子しているなぁ……」と受け取られやすい傾向に。

ご本人は、ちょっとしたユーモアのつもりで発していても、大人世代の女性がこのような話しかたをすることには、嫌悪感を抱く男性もいます。

恋人同士でじゃれあっているシーンならばともかくとして、オフィスや飲み会の席など、オフィシャルな場での漫画口調は、周囲を震撼させます。

「私は、キャラクター的に許されているはず!」と思っている女性もいるかもしれませんが、40代になってからのこの手の口調は、笑いは取れてもモテは逃すパターンが多めです。

 

 

女性同士なら気にならない言動でも、異性である男性から見ると「40代にもなって、この女性はどうしちゃったんだ!?」と驚かれるものもあります。

「男性はぶりっ子な女性に弱い」というお話もなくはありませんが、アラフォー世代の女性には大人の余裕を求める男性のほうが圧倒的に多いのも現実。

お心当たりがあった女性は、今すぐぶりっ子戦術は封印したほうが、かえってモテるようになるかもしれません!

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング