天然氷スケートも!軽井沢星野エリアの「おひとり日帰り湯治プラン」

OTONA SALONE / 2018年2月28日 21時0分

天然氷スケートも!軽井沢星野エリアの「おひとり日帰り湯治プラン」

オトナサローネによる「おひとりさまレベル」診断でも、おひとりさま旅行はなかなかの高レベルにランクされています。慣れた人は「へ」でもないでしょうが、旅慣れていない人はちょっと不安に感じるかもしれません。

でも、そんなひとり旅初心者に向けた、素敵なプランがあるんです。星野リゾートが運営する日帰り商業施設「軽井沢星野エリア」では、3月31日まで、「おひとり日帰り湯治プラン」を販売中です。

ひとり旅のわずらわしさがない、ひとり旅プラン

「おひとり日帰り湯治プラン」は、軽井沢星野エリアでの「日帰り湯治」(温泉入浴、ランチ、マッサージ)の料金がセットになったもの。ひとり旅でリフレッシュしたいと思いつつ、計画の煩わしさや日常の忙しさが壁となって、一歩を踏み出せずにいる女性を対象としたもので、続けて2日休みは取れないけれど1日でがっつり(?)と癒されたい! なんて人にぴったり! 女性がひとりでも泊まれるステキな旅館、最近は増えていますが、いまだ女性のひとり客を受け付けない時代遅れの宿(失礼)も、あったりしますからね~。お金、払えばいいじゃん! と思いますが、そんなわずらわしさを考えれば、日帰りはやっぱり気楽ですよね。

そんなわけで、「おひとり日帰り湯治プラン」、早速、体験してみました! 東京から約1時間の立地でありながら、豊かな自然にあふれる軽井沢。特に適度な静けさがある冬は、ひとりの時間を過ごすのにぴったりです。

なお、軽井沢駅から星野エリアまでは、車で15分強。タクシーを利用するという手もありますが、隣の中軽井沢駅からは、お客様専用のシャトルバスも出ています。また、温泉入浴施設、ランチスポット、マッサージスポットは、すべて徒歩で移動できる範囲にあります。

美肌の湯で知られる、源泉かけ流しの湯を堪能

今回は、9時半頃、東京を出て、新幹線で軽井沢へ。シャトルバスに乗り、11時前には、星野エリア到着していました。

では、早速、温泉と行きましょうか。プランには、入浴料とタオルセットのレンタル料金も含まれているので、手ぶらで日帰り温泉が楽しめちゃうのです。

今回のプランで入ることができるのは、「星野温泉 トンボの湯」。大正時代に開湯した星野温泉は、古くから美肌の湯として親しまれてきた源泉かけ流しの湯で、その流れを汲む「星野温泉 トンボの湯」には、窓が大きく広々とした内湯と、自然の木々が迫る開放的な露天があります。露天風呂のそばにはサウナもあって、こちらも気持ちいいですよ。サウナと源泉かけ流しの温泉を往復して、心身ともにデトックスしちゃいましょ~。

温泉で汗を流したら、こちらもお待ちかねのランチタイム。「おひとり日帰り湯治プラン」には、1枚で、3種類の味が楽しめる、このプラン限定のピザが付いているんです。

レストラン、雑貨、カフェなど、軽井沢ならではの素材を活かしたショップが立ち並ぶ「ハルニレテラス」に位置するイタリアンレストラン「イル・ソーニョ」が、同プランのために、「カマンベールチーズと半熟卵」、「ジェノベーゼ」、「トマト」の3種類の味を1枚で味わえるピザを開発。「1人でもいろいろな味を楽しみたい」という、食いしん坊のおひとりさまの願いを叶えてくれます。新鮮野菜を使った、バーニャカウダが添えられているのもうれしいところ。デザートも付いていますよ。

至福のタイマッサージで、日常のコリをほぐす

お腹を満たしたあとは、「ハレルニテラス」を散策しながら、お土産選びはいかがでしょう? 清流にそって、浅間山の麓で循環農業を営む永井農場の直営ジェラート店、ベーカリー&レストラン、北欧雑貨のセレクトショップなど、15軒の魅力的なお店が点在しています。

タイ古式マッサージが受けられる「常世」(とこよ)も、「ハレルニテラス」内にあります。プランに付いているのは、たっぷり60分間のマッサージ。日常のストレスでこわばった身体を、ヨガのポーズやマッサージでほぐし、気の流れをしっかり整えることができます。ちなみに、私を担当してくれたセラピストの方はとーっても上手で、この方の施術を受けるために軽井沢に通いたいほどでした。

プランの組み立ては自由。過ごし方は自分次第

3つのうれしい「ノルマ」を堪能しても、まだまだ時間は残っていますよ!

豊かな森に囲まれた遊歩道をのんびり散策するのも一興です。実はこのエリアは、バードウォッチングファンにはちょっと知られた場所。木々の葉が少ない冬は、とくに野鳥の愛らしい姿を見つけやすいのだとか。また、エリア内には、沢の水が凍ってできる天然氷のスケートリンク「ケラ池スケートリンク」(~3月11日)も。森の中で鳥の声を聞きながら、スケートを楽しんでみるのもあり、かと。生憎、私が行った日は天気が良すぎて気温が上がりすぎたため、リンクは閉鎖していました。残念ですが、これぞ天然氷の醍醐味ともいえます。

また、自然といえば、3月16日からは、森に暮らす野生のムササビを観察するツアー「空飛ぶムササビウォッチング」が実施されるそう。こちらのツアーで、ムササビを見られる確率は約93%。癒されること請け合いです。日没前後の1時間半ほどの間に行われるツアーなので、こちらに参加してからでも東京には余裕で帰れます。ムササビの愛らしい姿に、ぜひ癒されてください!

今回は、翌日早朝から仕事があり、どうしてもその日のうちに帰らなければならなかったため、18時すぎの新幹線に乗車。19時には東京駅に戻っていました。ただ、翌日もフリーなら、宿泊を別に手配する、という手もあります。もちろん、駅に戻って、アウトレットで買い物を楽しむのもあり。過ごし方、楽しみ方は自分次第です。

とにもかくにも、こちらの「おひとり日帰り湯治プラン」、ひとり温泉旅を体験してみたい。でもちょっと勇気がでない──なんて女性のひとり温泉デビューにぴったりですよ~。

「おひとり日帰り湯治プラン」
期間:~2018年3月31日
場所/軽井沢星野エリア(長野県北佐久郡軽井沢町星野)
・JR北陸新幹線軽井沢駅より車で15分、または中軽井沢駅からシャトルバスで6分
料金:11,000円(税込)
含まれるもの:ランチ、温泉入浴料、タオルレンタル、タイ古式マッサージ60分
予約方法:ハルニレテラスへ電話またはメールにて前日18時までに要予約
電話:0267-45-5853
http://www.hoshino-area.jp/archives/4614

 

≪独女快楽ライフ研究家、ライフスタイルジャーナリスト 長谷川あやさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング