目じり以外がヤバい!40代が一気にオバ見えする密かなシワ3つ

OTONA SALONE / 2018年3月20日 18時30分

目じり以外がヤバい!40代が一気にオバ見えする密かなシワ3つ

季節の変わり目には、ちょっとしたお肌の不調を感じる方も少なくないはず。

かくいう私もまさに今、普段よりもシワっぽいパーツをいくつか発見し、ため息をついているところです。

ところで、シワシワしていると途端に「わ。この人、オバサンなんだな」って思われやすいパーツもあるので、要注意だったりもします。「もう40代」とも言いますが「まだ40代」でもあるので、あまりにシワシワした印象が加速していると、かなり老け見えしてしまうのも事実。

「春がくるたびに、デイリーケアのアップデートに悩んでしまっています」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、湿度が上がってきても気をつけたい、シワシワだとかなりヤバい3大NGパーツ”に迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:横ジワに縦ジワ…やっぱり他人の目についている「首」

 

年齢を重ねるにつれて、容赦なく“シワ”が目立ちやすくなるパーツの代表格である「首」は、シワが目立つと途端に、“オバサンっぽさ”が加速するパーツの定番でもあります。

首のシワは、横ジワと縦ジワがありますが、いずれの場合も紫外線や乾燥が原因で加速することも多く、40代のデイリーケアには首のお手入れも必須に。「デコルテまでは顔」を鉄則に、顔同様に手をかけておきたいパーツなのは間違いないお話です。

また、薄着になって首もとを出す服も増える今の時期には、紫外線の量が冬に比べて格段に上がるので、顔のみならず首元への日焼け止めも忘れるわけにはいきません。

さらに、乾燥した状態になるだけでも、シワ感は加速しています。「シワシワっぽいかも」と感じたら、顔用のフェイスマスクで保湿を行うのも、時短ながらうるおいを与えるお手入れに。

2:シワがあると疲れた印象にも見えやすい「目もと」

 

目尻側や“涙袋”付近など、目もとにシワ感があるとグッと老けた印象が加速するのは、言わずもがな。疲れた印象にも見えやすく、いずれにせよ女性にとっては名誉な印象にはなりにくい部分です。

年齢を重ねるごとに、目もとのシワに頭を抱える女性は増えますが、40代ではクッキリとしたシワというよりも、細かな線のようなシワが気になっているケースが多いかもしれません。

目もとの皮膚は繊細。ですが、こちらも首同様に紫外線や乾燥によってシワが加速するので、オバサン見えを防ぐなら丁寧なお手入れがマストです。

また、メイクでシワっぽさをフォローするのであれば、セラミドやヒアルロン酸などの保湿力が高い成分の入ったクリームを塗った上からファンデーションを薄めにオンしてみてください。クリームとファンデーションが密着してシワ感を目立ちにくくすると同時に、日中の保湿ケアも叶いやすいです。

 

3:スマホを扱っているときにも他人の視界に入る「手の甲」

 

手もとは、なにかと人目につく部分。職場で書類を渡すシーンだけでなく、スマホを扱っているときなども他人の視界に入っています。だからこそ、手の甲にシワっぽさがあると「この人、老けてるよなぁ」という印象にもなりやすいパーツ。

手の甲は、年間を通してハンドクリームでお手入れしている女性も多いはずですが、シワ対策を視野に入れるなら、保湿だけでなく紫外線対策も怠るべきではありません。

UVカット成分が入ったハンドクリームを使うと、日焼け止めとハンドクリームを別々に使う必要もなく、日中の時短お手入れにも。

また、すでにできてしまっているシワをごまかす際には、上質な植物性オイルを軽くすり込んでおくと、ふっくらとした甲を演出しやすいです。

 

デイリーのお手入れを欠かしていなくとも、ちょっとしたパーツがシワシワになっていると、周囲の人の感想はときに辛辣なものに。春先からは紫外線の量が増えますので、これまで以上に紫外線対策に注力していく心がけが、シワシワパーツの回避にも欠かせません。

できてしまったシワは、時短でケア&ごまかしをしつつ、この春もみずみずしい印象で若見えを狙ってみて!

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング