手抜き上等!猛暑に「やらなくてもいい」40代の美容3選

OTONA SALONE / 2018年7月24日 18時30分

今年の夏も、連日の猛暑日が続いています。

こう暑い日が続くと「スキンケアするのも面倒」「ボディケアなんて、とてもじゃないけど手が回らない」と、日々の美容にも“手抜き”をしたくなるものです。

かくいう私も“時短美容家”の肩書きがありながら、暑さにくじけた日には“手抜き”で美容を済ませることだってあり、まるで“手抜き美容家”よろしくな日も多々。そう、連日の暑さに“確実に負けている”ひとりです。

「夏の間は美容を手抜きしたいけれど、秋になって“ツケ”が回ってくるのは避けたい」とお考えの40代女性のみなさま、いかがお過ごしですか。時短美容家の並木まきです。

今回は、夏の間はあえて「やらなくてもいい」40代が手抜きできる“美容”のお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

あえてやらなくてもいい1:フルコースでのスキンケア

 

化粧水に美容液に乳液、アイクリームにシートマスク……と、フルコースのスキンケアは、40代の美肌をつくるには欠かせない手間。

しかし「暑くてしんどい!」と感じる日に、義務感にかられてフルコースのスキンケアをしたところで、ちょっとしたストレスを感じてしまい、かえってお肌に悪影響が出たりイライラしたりしがちだったりしていませんか?

だとすれば、思い切って夏の間は、“オールインワンもの”に変えるなどの工夫がベター。

昨今は、年齢を重ねた肌にも使いやすいリッチなオールインワンアイテムが増えてきているので、成分や使用感にこだわって選ぶと、デイリーのスキンケアストレスから解放されます。

また冬と比べて空気の湿度も高いので、フルコースのスキンケアをせずとも、乾燥による不調を感じにくいシーズンなのも確かです。

 

あえてやらなくてもいい2:スペシャルケアとして取り入れている「ピーリング」

 

夏の間は皮脂汚れが毛穴に詰まりやすいものの「週に1度のピーリングすら、暑くて面倒だわ」と感じているならば、これも手抜きしてしまいましょう。

肌が疲れているときにピーリングをすると、かえってトラブルを招く要因にもなりかねないため、個人的には、お手入れが面倒だと感じる日にまで無理にやる必要があるケアではないと思います。

とは言え、皮脂や角栓が詰まりやすい時期でもあるので、まったく手をかけないのは、ちょっと不安。

そこで“手抜き美容”として取り入れたいのは、バスタイムを活用してのスクラブ洗顔です。

週に1~2回ほど、いつもの洗顔料をスクラブ入りにチェンジして、いつも通りの洗顔で毛穴ケアを意識するだけでも、毛穴の詰まりはそれなりにお手入れできる実感があります。

 

あえてやらなくてもいい3:ブースターとして行っている「オイル美容」

暑い日には、肌に膜をつくるかのようなオイルの質感が「ちょっと重い!」と感じる女性も多いはず。

しかし化粧水前などのブースターとして、デイリーのスキンケアにオイルを用いている女性ほど「夏も使ったほうがいいかも」と、言ってみれば“惰性”で使い続けている人もいがちです。

ところで実は筆者も、年間を通してオイルを使っているひとりなのですが、その理由は“皮膚が薄いタイプなのでオイルを使わないと、バリア機能が足りないから。

なので、筆者のようなタイプの女性は残念ながら、夏でもあの“ベタつき”と割り切ってお付き合いしたほうが安心ではあるものの、そうではない場合には“ベタつき回避”と“手抜き”の一石二鳥の側面から、秋までの間は、お休みしてもいいお手入れだと思います。

むしろ40代の女性たちから「オイルをお休みした途端に、お肌の調子がアガッた」というお声もチラホラ聞こえてくる季節だけに、この機会に「自分の肌に本当に今時分、必要なのか」を見直してみてもいいかもです。

 

暑い時期には、デイリーのスキンケアも“時短”どころか“手抜き”に走ったほうが、ストレスフリーなのは間違いありません。

昼間の強烈な気温と湿度にくじけそうになった夜は、1分でも早く睡眠をとったほうが、義務感でのスキンケアを行うよりも快適なお肌を育む術になるケースもあります。

「毎日のスキンケアが、面倒くさい!」と感じていた40代女性のみなさま、ぜひ秋までの間は、手を抜けるところはとことん省いてしまって、気楽な美容法で美肌を育んでみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング