スッキリしない理由はコレ! 40代女性の「プチ不調」5つ、悩み別対処法をチェック!

OTONA SALONE / 2018年9月20日 21時0分

毎日忙しく働く女性は「プチ不調」でお悩みの人も多いですよね。それが健康や美容面だったり、はたまた人間関係や恋愛事情だったり…。今回は女性に多い「プチ不調」と「お悩み解消のためのヒント」をご紹介します!

 

女性の「プチ不調」ワースト5

 

1・首こり・肩こり…

座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢を長い時間続けていると血流が悪くなり、首や肩がこりやすくなります。また、カバンをいつも同じ側で持っていたり、下げていたりするのも姿勢のバランスに影響が…。肩を上げ下げするだけでバキッ、ポキッと音がする人は、首や肩のストレッチや運動をこまめに行いましょう。

1時間に1回は立ち上がって伸びをするなど、積極的に体を動かして解消。猫背になりがちな背中、肩甲骨を後ろで寄せて胸を開くストレッチを。

肩や首こりだけでなくこり固まった筋肉をほぐすなら、整体やボディケアでのほぐしがおすすめ。姿勢の歪みやクセも調整してくれますし、お手頃価格なので通いやすいですよね。セルフケアでは、肩にホットタオルを乗せるとこりで痛みが生じている箇所が緩和されますよ。

2・体が重い&だるい…

体が冷えていると疲れを感じやすく、寝つきが悪い、眠りが浅いなど睡眠にも影響してきます。仕事が終わっても疲れが取れない、体がいつもだるい、寝ているのに翌朝スッキリしない…など思い当たる人は、体を温めて汗をかくことで身も心もスッキリします。

おすすめのリラくゼーションは、岩盤浴やお風呂、スーパー銭湯などの体を温める施設に出かけて見るのもいいかも。汗をかくことで気分もリフレッシュできます。疲れた時こそ、面倒がらずに、じっくりお風呂に浸かってほしいです。お風呂が苦手な人は足浴だけでも体全身がポカポカしてきますよ。

 

3・脚のむくみ、パンパンなふくらはぎ…

脚のむくみの要因のひとつは、脚を動かしていないこと。股関節で血流が滞り、下半身に余計な水分がたまって滞っている状態です。ひざ下のふくらはぎがパンパンで触るとカチカチになっていることありますよね。放っておくとそのまま太い脚になってしまいので気をつけて!

足首を上下に動かしたり、ひざを曲げたり伸ばしたり屈伸運動や股関節を回すなどこまめに関節を動かしてあげるのがポイントです。

ふくらはぎを押し上げるマッサージ、足ツボを刺激するリフレクソロジーが効果的です。

 

4・眼精疲労…

寝る時以外、常に働いている目。現代はスマートフォンの細かい画面を見ることが多いため、疲れやすくなっている人も多いですよね。パソコンの見過ぎで頻繁に目薬をしている人やコンタクトレンズで目が乾いている人も…

目を温めるホットアイマスクは目元の筋肉をほぐしてくれるのでとても気持ちよく、癒されます。血流も良くなるので、目の下のクマ防止にもなりますよ。

また、ヘッドケアも目の疲れにおすすめです。意外かもしれませんが、目に疲れがたまると、頭皮もカチカチに…。頭皮全体をほぐすことで目元の筋肉も緩み、スッキリします。首や肩のこりもラクになるので、一石二鳥ですね。

 

5・イライラ、ウツウツ…。気持ちが不安定…

人間関係や仕事が思うようにいかないときは気持ちが落ち込みますよね。生理で自分の感情がうまくコントロールできない人もいるでしょう。ちょっとしたことでイラついてしまったり…。そんなときに自分なりの対処法を見つけておくとラクですね。

人はいい香りに包まれるとリラックス作用により気持ちが落ち着いてきます。また、人の手に触れられることで安心し、体と心の力みが抜けていきます。

いい香りのするアイテムをいつでも常備しておくといいですね。リップでもハンドクリームでもルームスプレーでも持ち運びタイプのものがあると便利。気持ちを落ち着けたいときはラベンダーやゼラニウム、元気になりたいときは柑橘系がおすすめです。

私はお気に入りの香りを見つけてヘアにつけるのにハマっています。時には、自分ご褒美として、アロマトリートメント受けるのもおすすめですよ!

 

≪エステセラピスト 町山和代さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング