拗らせすぎると危険!40代独女が「片思いに疲れてやらかしたダメ行動」って?

OTONA SALONE / 2018年11月19日 17時30分

気になる男性はいるんだけど、なかなか進展しない。アプローチが上手くいかない。

片思い中はいろいろなストレスがありますね。

やめてしまいたいけど、そう簡単にいかないのが恋心。拗らせてしまっておかしな行動に出る、なんてこともあるかもしれません。

実際にどんなことをやらかしたのか、エピソードを集めてみました。

 

元カレに連絡

 

 

「同じ職場の上司に片思いしていました。

でも、ほかにも狙っている女性がいて、何だか張り合われるようになって。

これみよがしに『二人きりで会議室の後片付けをしてきた』とか言われるとイライラしてしまい、仕事にも集中できなくて……。

ある日の夜、スマホをいじっていたら昔お付き合いしていた男性の写真が出てきて、無性に懐かしくなって電話してしまいました。

彼はすぐ出てくれたけど、『三年前に結婚してね、今は子どももいるんだ』って楽しそうに話す声を聞いたら一気にテンションがダウン。

後ろでお子さんの笑い声もしていて、『私、何やってんだろ』って惨めになりましたね。

『あなたは?』と訊かれて思わず『うん、彼氏がいて順調よ!』と答えてしまったけど、落ち込んでいるときに元カレに連絡なんかするもんじゃない、と思いました」(36歳/事務)

 

★ 別に、よりを戻したいとか下心があるわけではないけど、昔の男に連絡したくなるときって、ないですか?

別れていても、元カレは過去を共有したやっぱり特別な存在。

元気が出ないときなど、ふと甘えたくなりますが、自分より充実した私生活を目の当たりにして余計にヘコむ……なんて可能性も忘れてはならないですね。

 

買い物で失敗

「復縁したい元カレがいて、あれこれとよりを戻せるようにがんばっていました。

でも、向こうはその気がないのかLINEしても素っ気ない返事ばかりで、ちっとも進まなくて。

ある日、仕事で疲れているから会えないと言われ、それならと手料理を作って彼の部屋に持っていったんですね。

そしたら、『彼女でもないのに迷惑』と追い返されてしまい、大ショック。

親しい女友達に連絡して散々愚痴を聞いてもらったけど気分が晴れず、買い物でもしようと普段は手を出さないようなブランドのところでワンピースを買っちゃいました。

選んでいるときは、店員さんにちやほやされていい気分だったけど、いざ家に帰って見てみると派手すぎて着ていくところがない……。

何だか余計にがっかりしてしまい、元カレのことも諦めようって気になりましたね」(38歳/営業)

 

★ 買い物で気晴らし、もときには良いストレス発散になるかもしれません。

ですが、気をつけたいのは普段とテンションが違うこと。無理に気分を上げようとすると、目が曇って不要なものに手を出すことがあります。

この女性は「ワンピースは自戒のために壁に吊るしている」と言っていましたが、後悔はきっちり役立てましょう。

 

飲み会で暴走

「同じサークルで仲の良い年下の男性を好きになったとき。

慕ってはくれているけどなかなか恋愛の雰囲気になれないことにモヤモヤしていて、連絡も控えるようになっていました。

そんなとき、仲間で飲み会を開くのが決まり、彼も参加すると聞いて私も行くことに。

しばらく話していなかった彼に自分から近づくのが恥ずかしくて、しばらく距離を空けて飲んでいたけど、緊張していたせいか飲みすぎてしまい気がつけばフラフラ。

『今なら酔ったせいにして近づける』と思い切って彼の隣に座ったものの、お酒を勧めるばかりでろくに話もできず……。

仲間から『もうやめなよ』と言われるまで彼に絡んでいたことに気づかず、彼からも嫌な顔をされてしまって逃げるように一次会で帰りました。

勝手に意識して勝手に暴走して、本当に恥ずかしかった……。

彼ですか? それからは気まずい雰囲気になってしまい、サークルでも話せていません」(40歳/看護師)

 

★ お酒の力を借りたくなるのはわかりますが、「絡み酒」ほど相手の気分を悪くするものはない、と心得ましょう。

素直に話せないときは、酔って近づくのではなく距離は置いておくのが正解。

相手にしてみれば、今までせっかく仲良くやってきたのに一方的に関係を壊されたと感じます。

お酒の場での失敗は尾を引くので、暴走はくれぐれも気をつけたいですね。

 

 

 

好きな気持ちを上手に伝えられないと、抱えきれずに思わぬ行動に走ることもあります。

拗らせたままでは相手にも届きにくく、余計に関係が悪化するなんて悲しいですよね。

「あ、今の私、ダメかも」と思ったら、まずはリラックスすること。

恋愛は相手あってのものなので、お互いを尊重できる姿勢を忘れずにいたいですね。

 

 

 

≪恋愛相談家 ひろたかおりさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング