舞台「弱虫ペダル」 第12弾となる新作を上演

OVO [オーヴォ] / 2018年3月5日 11時49分

舞台「弱虫ペダル」 第12弾となる新作を上演

 人気の舞台「弱虫ペダル」の新作がいよいよ上演! 「弱虫ペダル」といえば、自転車競技が中心で、舞台化は無理と思われた物語だが、気鋭の演出家・西田シャトナーが、独自に生み出した表現技法“パズルライドシステム”を駆使し、舞台化不可能と言われていたロードレースという自転車競技を臨場感溢れる表現で舞台化させた人気作だ。

 第12作目となる今回は、インターハイ1日目に全てのゼッケンを獲得し王者復格を狙う箱根学園と、挑戦者として闘う総北、京都伏見の熱い戦いが繰り広げられるインターハイ2日目が描かれる。

sub9 今泉俊輔役の猪野広樹、鏑木一差役の原嶋元久、黒田雪成役の伊藤澄也、真波山岳役の杉山真宏と注目の新キャストも加入し、ますますパワーアップ! 同公演は3月11日まで東京芸術劇場で、3月16日から18日まで新神戸オリエンタル劇場で上演される。当日券も発売するので、新たな表現技法による熱い勝負をぜひ生で体感しよう!










OVO [オーヴォ]

トピックスRSS

ランキング