最大4品ほったらかし調理 ご飯とおかずが同時にできる自動調理鍋

OVO [オーヴォ] / 2020年1月17日 14時0分

最大4品ほったらかし調理 ご飯とおかずが同時にできる自動調理鍋

 たとえばご飯に汁もの、煮込みに蒸し料理。最大4品の調理を1台でできる自動調理鍋「ツインシェフ」がショップジャパン(オークローンマーケティング・名古屋)で発売された。材料を入れてボタンを押すだけ。献立の組み合わせを考える仕事だけが残りそうだ。

sub2

 左右の鍋で異なる調理を可能にした設計。今まで炊飯器と鍋の2台を使って作っていたカレーライスも1台で作れる。付属の蒸しプレートを使えば、ご飯を炊きながら、煮込み料理や蒸し調理も可能。材料を入れてボタンを押すだけで料理が完成するクイックメニューを10種類搭載している(白米炊飯、玄米炊飯、炊き込みご飯、雑炊、おかゆ、スープ、煮込み料理、蒸し料理、ケーキ、ヨーグルト)。調理方法に合わせて最適な火加減と時間を自動で調整してくれるから、火加減を見る必要がない“ほったらかし調理”が可能だ。価格は2万4,800円(税別)。




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング