お酒を飲みながら花火を堪能 冷たい飲み物を注ぐと“花火”が変化するグラス

OVO [オーヴォ] / 2020年8月4日 11時45分

冷感花火シリーズ

 グラスに冷たい飲み物を注ぐと「た~ま~や~!」と言いたくなりそうだ。グラスの中で打ち上がる色とりどりの花火をながめよう! 夏の風物詩、花火大会が中止になってしまう中、“グラスの中の花火”を楽しんでもらおうと、丸モ高木陶器 (岐阜県多治見市)は、冷感花火盃&グラスシリーズ「夜空を彩る希望の光」を発売した。

img_220498_11

 温度をデザイン化した同シリーズは、特殊加工により約17度以下の温度に感知してデザインが変化。花火の色が変わる様子を楽しもう。平盃ペアセットは、陶磁器製の白と黒色の盃を用い、夜空を彩る幻想的な雰囲気を出している。結露が発生したグラスの表面の様子は、まるで雲のような情緒を感じさせる。日本酒用グラスとシャンパングラスは、「こぼし酒」の文化を意識し、オプションとして専用のアクリル升(別販売)も用意している。

 花火という一過性のイベントだけでなく、同社は今後も、四季それぞれにふさわしい日本の景観を感じられる商品の発売を予定しているという。

 「冷感花火平盃ペアセット」「冷感花火天開グラスペアセット」は、各3,300円。「冷感花火シャンパングラスペアセット」「冷感花火タンブラーペアセット」は各5,500円。「アクリル升ペアセット」は1,760円(価格はすべて税込み)。


冷感花火平盃ペアセット:3,300円(税込)


冷感花火シャンパングラスペアセット:5,500円(税込)


冷感花火タンブラーペアセット:5,500円(税込)


冷感花火天開グラスペアセット:3,300円(税込)


冷感花火タンブラー(ビール)


冷感花火タンブラー(ハイボール)




冷感花火シャンパングラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング