希望の給料を提示し、飲食業界に自己PR エージェント求職サイト「求活」ス タート

OVO [オーヴォ] / 2020年10月29日 8時15分

希望の給料を提示し、飲食業界に自己PR エージェント求職サイト「求活」ス タート

 求職サイトを運営する求活(東京都千代田区)は、飲食業界で働きたい人を対象に自ら給料など条件を提示し、人材を募集している企業との間を結ぶ求職活動支援サービス「求活」を始めた。

 求活は、正社員だけでなくアルバイトやパートまで飲食店で働きたい人が登録し、同社が“エージェント(代理人)”として店を探し、条件交渉をするサービス。企業・店側が示す給料ではなく、求職者側が希望する給料を提示し、エージェントが企業や店に売り込む活動をすることが最大の特徴だ。

 登録は無料で、求職者は求活のサイトで、求める条件や自己PRなどを登録。記載内容をもとに同社のネットワークから全国の人材を探している飲食店とマッチングさせる。採用が決まれば、求職者側に祝い金(3万円)が贈られるという。

 またサイトの「マッチング率表示機能」で、入力した情報に合う飲食店が表示され、並行して自ら店を探す活動もできる。「メッセージ機能」を使えば、匿名で店側に質問することもでき、自己PRを見た店側から「いいね!」が届いて“スカウト”されることなども想定している。

 飲食業界は「給料が安い」「すぐに転職する」といったイメージがあることから「飲食業界で働く人の社会的価値を上げたい」としてサイトを立ち上げたという。同社担当者は「自分の価値を売り込むことで働くことに責任が生まれ、店側も優秀な人材を確保することができる。数年後には飲食業界だけでなく全業種に対応したい」としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング