1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

14メートルの雪の壁 立山黒部アルペンルート半世紀

OVO [オーヴォ] / 2021年4月16日 13時30分

14メートルの雪の壁 立山黒部アルペンルート半世紀

 切り立つ雪の壁。今年の「雪の大谷」の高さは14メートルだという。富山県と長野県とを結ぶ世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」(立山黒部貫光・富山市)は、4月15日から営業を再開した。今年は全線開業50周年だ。

 中部山岳国立公園・立山にあるこの山岳観光ルート、富山県の立山駅から長野県の扇沢駅間は、アルペンルートの最高所、標高2,450mの室堂で雪が吹きだまる「大谷」付近を除雪してできる「雪の大谷」の中を駆け抜ける「立山高原バス」や、現在日本で唯一運行しているトロリーバスなどを乗り継いで移動することができ、大自然の絶景を気軽に楽しめる。今年は、バスが通過する道路上に1車線のみ除雪された区間を整備し、「開業当初の雪の大谷」を特別に再現している。

 6月22日まで開催中の記念イベント「2021完全再現!雪の大谷メモリアルウォーク」や、50周年記念きっぷの販売など、今年ならではの企画も多い。全線開業日の6月1日には、アルペンルートオリジナル商品、立山地ビール「星の空」の新味も発売される。




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング