1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

小田急線駅前で“ロマンスカーギター”を披露 山野楽器が4年かけて制作、ボディーに展望車描く

OVO [オーヴォ] / 2023年12月5日 7時0分

小田急線駅前で“ロマンスカーギター”を披露 山野楽器が4年かけて制作、ボディーに展望車描く

 山野楽器(東京都中央区)と小田急電鉄(東京都新宿区)は12月2日、小田急新百合ヶ丘駅前の新百合ヶ丘エルミロード(川崎市)で、特急ロマンスカーGSE(70000形)をイメージして作ったギターを披露するイベントを開いた。

 このロマンスカーをイメージしたギターは山野楽器が4年かけて2本制作。ボディーにロマンスカーGSEの展望車を描き、ヘッドは箱根の代表的な観光スポットである芦ノ湖をイメージした絵柄を採用。またネックの意匠は箱根湯本、小田原、新宿の駅名標にして「箱根旅」をアピール。弦はGSEの疾走感を表すデザインにした。

 山野楽器は地域活性化や音楽の楽しさを伝えることを目的に「ご当地ギター」を制作しており、今回の“ロマンスカーギター”はその一環。小田急沿線に山野楽器の店舗があることから今回のギター制作が実現した、という。

 12月2日のイベントでは、このロマンスカーギターの音色を披露するシンガーソングライター(ゆいにしおさん、林青空さん)のミニコンサートを開催。2人はそれぞれ、ロマンスカーギターを使って自身の楽曲を歌った。

 ギターは2024年1月14日まで、小田急線沿線の山野楽器3店舗(新百合ヶ丘エルミロード店、相模大野ステーションスクエア店、本厚木ミロード店)では順次2週間ずつ展示。小田急海老名駅隣接のロマンスカーミュージアムでも展示する。

 このほか、小田急線沿線の山野楽器3店舗でロマンスカーグッズを1500円以上購入すると、先着100人にギター制作記念の缶バッジがもらえるキャンペーンなども実施する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください