S・K・ホが首位奪取! 池田、藤本が1打差で続く

ParOn.(パーオン) / 2013年11月2日 16時25分

堅実なゴルフで首位に立ったS・K・ホ マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント(2013)(3日目) 写真・村上航

マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント(10月31~11月3日、兵庫県・ABCゴルフ倶楽部、7130ヤード、パー71)

 3日目が行われ、1打差2位タイでスタートしたS・K・ホが、5バーディ、2ボギーの68、通算12アンダーで単独首位に立った。初日から首位を守ってきた池田勇太は、4バーディ3ボギーの70、通算11アンダーで、藤本佳則と並んで2位タイで最終日を迎える。

 3打差の4位には深堀圭一郎。4打差の5位タイには金庚泰、金享成、5打差の7位泰には片山晋呉、永野竜太郎が並んでいる。
 
 初日にホールインワンを達成し、2日目も4つスコアを伸ばして8位タイにつけていた和田章太郎さん(福岡第一高3年)は、2バーディ、6ボギー、2ダブルボギーの79と8つスコアを落として通算2オーバー、39位タイまで順位を下げた。


主な選手のコメント
S・K・ホ(5バーディ、2ボギー、通算12アンダー 1位)
「3アンダーはいいプレーだと思います。でももったいないところもあってボギー二つは、出なくていいところで出たと思います。4年くらい優勝していないので、やっぱり成績出したいですけど、自分のゴルフをして、自分の満足するプレーをしたいです」

金庚泰(1イーグル、1バーディ、通算8アンダー 5位タイ)
「今日はショットがまあまあでした。ABCGCは好きだし、明日もこれくらいのショットができたらいいですね。今日と同じ感じでボギーなしで、それでバーディ取れたらいいですね」

永野竜太郎(3バーディ、2ボギー、通算7アンダー 7位タイ)
「今日もいい流れを崩さないように、自分のやるべきことだけに集中してプレーしました。明日は終わって、笑顔で戻ってこれるように頑張ります」

和田章太郎さん(2バーディ、6ボギー、2ダブルボギー 通算2オーバー 39位タイ)
「スタートからティショットがぶれていていました。前半の後半からショットもパターもかみ合いませんでした。明日は、QTのいい練習になると思うので、いろいろ試して悔いのないプレーをしたいです」

文・小高拓

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング