大山志保が単独首位! 2位以下は大混戦

ParOn.(パーオン) / 2013年11月8日 14時56分

初日単独トップに立った大山志保 ミズノクラシック(2013)(1日目) 写真・村上航

ミズノクラシック(11月8~10日、三重県・近鉄賢島CC、6506ヤード、パー72)

 日本で行われる唯一のUSLPGA公式戦。初日が行われ、大山志保が6バーディ2ボギーの68、4アンダーで単独首位に立った。

 大山は2番のバーディを皮切りに、5番から3連続バーディで前半を32で折り返す。後半は2バーディ2ボギーでスコアを伸ばせなかったが、前半の貯金を生かしてトップに立った。

 2位タイには、今年初めての賞金シードを確定させた中村香織や、表純子、申ジエ、ブリタニー・リンシコムら9人が1打差の3アンダーで追い、さらに1打差2アンダーの11位タイに、比嘉真美子、藤本麻子、一ノ瀬優希ら9人が並ぶという大混戦の様相を呈している。

 現在賞金ランキングトップの森田理香子は2オーバーの61位タイとやや出遅れ、僅差で追う横峯さくらはイーブンパーの36位タイにつけている。ロレックスランキング3位、USLPGA賞金ランキング3位でディフェンディングチャンピオンのステーシー・ルイスは1アンダーの20位タイ。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング