【中間速報】石川は前半3バーディ1ボギーでハーフターン

ParOn.(パーオン) / 2013年11月9日 12時15分

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦(11月7~10日、茨城県・美浦GC、6953ヤード、パー71)

 決勝ラウンドに突入した3日目、20位タイでスタートした石川遼は、出だしの1番でパーオンしながらも3パットでボギー。しかし続く2、3番をバーディとして立て直し、さらには6番でもバーディを沈め、3バーディ、1ボギー、通算5アンダーで前半を終えた。

 首位争いは5ホールを終えて2ストローク伸ばした呉阿順が11アンダー、7番を終えて10アンダーの金亨成、そして8番を終えて3アンダーと着実にスコアを伸ばしている藤田寛之が9アンダーとなっている。前日首位の桑原克典は、5番を終えて2つスコアを落として7アンダーとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング