大山、比嘉、一ノ瀬の3人が首位に並ぶ

ParOn.(パーオン) / 2013年11月9日 15時53分

並ばれたものの首位を守った大山志保 ミズノクラシック(2013)(2日目) 写真・村上航

ミズノクラシック(11月8~10日、三重県・近鉄賢島CC、6506ヤード、パー72)

 3日目が行われ、前日首位の大山志保が5バーディ1ボギーの68でラウンドして4つ伸ばし、今日6バーディノーボギーで6つ伸ばした比嘉真美子、7バーディ1ボギーで同じく6つ伸ばした一ノ瀬優希と通算8アンダーで首位に並んだ。

 1打差の通算7アンダー4位タイには藤本麻子、ブリタニー・リンシコムが、さらに1打差の通算6アンダー6位タイには表純子、テレサ・ルー、チェラ・チョイ、ジャン ウンビと続いている。

 今日のベストスコアとなる65を出した吉田弓美子が、ディフェンディングチャンピオンのステーシー・ルイス、佐伯三貴らと並んで通算5アンダーの10位タイ。現在賞金ランク1位の森田理香子は今日スコアを6つ伸ばし通算4アンダーの15位タイ、賞金ランクで森田を僅差で追う横峯さくらは通算1アンダーの41位タイ。

 なお、カン ヘジが棄権している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング